スポンサーリンク

「ラーメン」と「中華そば」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ラーメン」と「中華そば」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ラーメン」「中華そば」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ラーメン」とは?

「ラーメン」とは、スープの中に麺が入っている料理のことです。

かん水を添加した小麦粉で作られた、細く引き伸ばしてある麺が特徴です。

スープには、醤油、塩、とんこつなど様々な種類があり、上に添えるトッピングも味玉やなると、海苔、ネギ、チャーシューなど、いろいろな種類があります。

語源の由来は諸説ありますが、中国蘭州の麺である「拉麺(ラー・ミェン)」から来ているという説が有力です。

「中華そば」とは?

「中華そば」とは、「ラーメン」のことです。

もともとは、南京町(中華街)で食べられるそば、ということで「南京そば」「支那そば」と呼ばれていました。

しかし戦後に「支那」という言葉の使用が自粛されるようになり、「中華そば」が使われるようになったそうです。

「ラーメン」と「中華そば」の違い

「ラーメン」「中華そば」の違いを、分かりやすく解説します。

「ラーメン」「中華そば」も違いはありません。

しかし、「ラーメン」という言葉が浸透するよりも以前から「中華そば」という言葉は使われていました。

「中華そば」という呼び方のほうが古いのです。

現代の「ラーメン」はスープの味もトッピングも多様化が進んでいます。

しかし、昔の「ラーメン」のスープは醤油系のあっさりした味のものがほとんどでした。

このことから、「中華そば」というと「醤油味のあっさりしたラーメン」というイメージを持つ人が多いようです。

まとめ

「ラーメン」「中華そば」も同じです。

ただし「中華そば」は、スープやトッピングが多様化する以前の、あっさりした醤油味のラーメンを表すときに使われる場合があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典