「リアルタイム」と「タイムリー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リアルタイム」と「タイムリー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リアルタイム」「タイムリー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リアルタイム」とは?

「リアルタイム」の意味と使い方について紹介します。

「リアルタイム」の意味

「リアルタイム」「同時に、即時に」という意味です。

「リアルタイム」の使い方

「リアルタイム」は、あるものごとに対して「同時に」「即時に」何かが行われることを言います。

例えば「リアルタイムで放映される」は、テレビ番組が録画ではなく生中継で、離れた場所にいても現地と同時に視聴できる時に使われます。

そのものごとが行われている場所と、離れている場所とで同じ時間を共有している時の表現です。

「リアルタイム」は英語の“in real time”が日本語化した言葉です。

こちらはビジネスや学問などかしこまった表現として使う言葉で、日常会話では“in live”と言うことが多くなります。

「タイムリー」とは?

「タイムリー」の意味と使い方について紹介します。

「タイムリー」の意味

「タイムリー」「タイミングが良い、都合がいい様子」「野球でタイムリーヒットの略」という意味です。

「タイムリー」の使い方

「タイムリー」は、あるものごとに対して、次に起きることが丁度良いタイミングであることを言います。

間合いが良い為に、ものごとがスムーズにいき、成功する可能性が高くなります。

また、上記から転じて「時代の波に乗った」という意味で使われることもあります。

「タイムリーな話題」は、流行やトレンドに合った内容の会話という意味で使われます。

「タイムリー」は英語の“timely”が日本語化した言葉で、「時勢や時期に合っている」という意味です。

「リアルタイム」と「タイムリー」の違い!

「リアルタイム」「同時に、即時に」という意味です。

「タイムリー」は「が丁度良いタイミングであること」という意味です。

まとめ

今回は「リアルタイム」「タイムリー」の違いをお伝えしました。

「リアルタイムは同時」「タイムリーは丁度良い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典