スポンサーリンク

「リスキー」と「リスク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リスキー」と「リスク」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リスキー」「リスク」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リスキー」とは?

「リスキー」は形容詞や形容動詞で「危険な」という具合に危険であることを知らせることです。

形容動詞であるため、どうであるという部分が重要になりこの場合、危険であるということが重要な点になります。

無論、形容詞であっても、どうであるという部分が重要で」具体的にどうであるということを記すのが「形容詞」です。

「リスキー」の使い方

「リスキー」の使い方ですが、危険を表す場合「危険な」とするより「リスキーだ」とした方が格好良く響くため「危険」と言う文を格好良く言う場合に用います。

また、「リスキー」は、本来の危険という意味以外に「損益を出す」という意味もあります。

この言葉の使い方は、株などお金が絡む事柄で損をする可能性があるものに対して「形容する」形で「リスキーである」とするのです。

「リスク」とは?

「リスク」「危険」という言葉の英語読みです。

「危険」を英語で読みかえることで格好よく文章を表現したり「危険」を強調するために用いる言葉です。

また、「リスク」「危険」以外にも「損害」という意味でも用いられます。

「リスク」の使い方

「リスク」「危険」であることを強調したり格好良く言う場合、「リスク」と呼ぶことで格好よく文章や人間が発する言葉を強調します。

あくまで、強調するだけですので、どの程度「危険」が及ぶかは「リスク」という言葉を用いた人物が「危険性」を知らせる必要性があります。

「リスキー」と「リスク」の違い

「リスキー」「リスク」の違いですが、両方とも「危険」を表していることには違いはないです。

ただし、「リスキー」は形容詞や形容動詞であるため、どうであるという部分を表現可能です。

この場合、「危険である」ということを表現できますが、「リスク」という名詞でも、「危険」を表現していますので違いにおいては名詞であるか、形容動詞であるかです。

いずれにしろ、どちらを用いても、「危険」を表しますのでとりあえず危険性を伝えるのであれば、どちらを用いても問題はありません。

また、「リスキー」「リスク」が持つもう一つの意味も同様に「損」という名詞か「損をする」という形容動詞であるかの違いですのでいずれも名詞であるか形容詞、または形容動詞であるかです。

まとめ

「リスキー」「リスク」の違いですが、「リスキー」は形容詞や形容動詞であるのに対して、「リスク」はただの名詞です。

その為意味合いには、同じ「危険」を意味しますがどうであるかを説明したい場合「リスキー」とすることで危険であるとします。

これは英語で伝える場合も「リスキー」とすることで危険であるとすることができるので「リスク」と言ったり記したりするよりは「どうである」かを周囲に教えることができるのです。

また、「リスキー」および「リスク」には「損」という意味合いもあり、こちらの言葉はビジネスから誕生した言葉になり、こちらも同様に、形容詞や形容動詞と名詞になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典