スポンサーリンク

「リノベーション」と「リニューアル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リノベーション」と「リニューアル」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リノベーション」「リニューアル」の違いを分かりやすく説明していきます。

似た印象を持つ2つの言葉には、どのような違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「リノベーション」とは?

「リノベーション」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「リノベーション」は英語表記にすると「renovation」となります。

「リノベーション」には「刷新。

改善」
という意味があります。

また「リノベーション」には「修理。

修復」
という意味があります。

特に「建築物の改造」について、「リノベーション」という言葉を使うことが多くなっています。

古くなったアパートを、大規模に改築し、資産価値を高めることを目指すような、大規模な改造に対して、「リノベーション」という言葉を使います。

例えば、築50年のマンションを大規模改造した部屋に対して、「築50年だけれど、リノベーションされているから素敵な部屋になっている」などと言います。

「リニューアル」とは?

「リニューアル」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「リニューアル」は英語表記にすると「renewal」となります。

「リニューアル」「新しくすること。

一新すること。

改装」
という意味があります。

例えば、飲食店の外観や内装が古くなっているだけでなく、メニューが野暮ったくなり時代に合わないことがあります。

このような時、外観も内装も、メニューも一新して、新規開店することがあります。

このような場合「飲食店がリニューアルオープンした」などと言います。

「リニューアルして、メニューを増やそう」「リニューアルのための資金をねん出しなくては」などという使い方ができます。

「リノベーション」と「リニューアル」の違い

「リノベーション」「リニューアル」の違いを、分かりやすく解説します。

「リノベーション」には、「修理。

修復」
という意味があります。

一方の「リニューアル」には「新しくすること。

一新すること。

改装」
という意味があります。

どちらも店舗や住宅の修理、修復などの際に使われる言葉が多い言葉になります。

以前なら「リノベーション」「修繕」「リニューアル」「改装」となり、より大きな改造が「リニューアル」、小さな改造が「リノベーション」という印象がありました。

しかし最近では、「リノベーション」「大規模な改造」という意味が生まれたため、「リノベーション」「リニューアル」とも「大規模な改造」の意味が含まれています。

使い分けるポイントとしては、「リノベーション」が住宅に対して使うことが多いのに対し、「リニューアル」は商業施設に対して使うことが老いという点になります。

「リノベーション」と言えば、住宅のことをさし、「リニューアル」と言えば、商店などを指すとお覚えておくといいでしょう。

まとめ

「リノベーション」「リニューアル」の違いについて見てきました。

2つの言葉は、意味が重なる部分が大きくなっています。

しかし、使用する場面が大きく違うため、使い分けることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典