スポンサーリンク

「リレーションシップ」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リレーションシップ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リレーションシップ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リレーションシップ」とは?意味

「リレーションシップ」とは、「関係性や複数の人や団体間の信頼性」を意味するカタカナ語です。

この「リレーションシップ」は英語のrelationshipから来ており、意味は「関係性や結び付き」で、カタカナ語として、そのままの意味で定着したものと言えます。

この「リレーションシップ」と言う言葉は、ビジネス用語として、また銀行用語として、さらに恋愛関係やIT用語にまで、色々と派生的に使われるようになっています。

その詳細は次項で説明したいと思います。

「リレーションシップ」の概要

まずビジネスにおいては、マーケティング手法の一つとして、「顧客と良好な関係性を構築する」手法を「リレーションシップマーケティング」と称しています。

この手法では、顧客との良好で長期的な関係性の中で、顧客の真のニーズを把握する事が可能であり、それが大切だとされています。

また取引先やクライアントとの「リレーションシップ」は経営的にも非常に大切だと言ったように使われたりもします。

銀行用語としては「リレーションシップ」は、一般のビジネスにおけるマーケティング手法と同様に、顧客との長い付き合いを構築し、その顧客に対する信用性に見合ったサービスを提供すると言った意味で使用されています。

この関係性を重視した地域密着型の金融を指す意味で使われる事もあります。

また、一般的には余り知られていませんが、恋愛関係において、合意の上で複数の人と恋人関係になることを「リレーションシップアナーキー」「オープンリレーションシップ」という言葉で表現される事もあります。

さらにIT用語としては、AccessやExcelの表のデータベースを管理するテーブルと言う機能がありますが、このテーブルを関連付けて管理する事を「リレーションシップ」と呼んでいます。

「リレーションシップ」の言葉の使い方や使われ方

「リレーションシップ」の言葉は、『顧客と深いリレーションシップを築く事に徹して、顧客離れ対策を講じる事が急務です。』や『戦後の日本とアメリカのリレーションシップは、時代によって変化しつつも強固なものとなっています。』の様に使われます。

「リレーションシップ」の類語や言いかえ

「リレーションシップ」の類語としては、同じくカタカナ用語では「コネクション」が挙げられ、また本来の日本語表現では「良好な関係性」「人脈」などが挙げられます。

まとめ

「リレーションシップ」は英語のrelationshipから来ており、英語の意味がほぼそのままカタカナ語として定着したものです。

その意味としては、「関係性や複数の人や団体間の信頼性」を指し、ビジネス用語として顧客や取引先やクライアントとの「リレーションシップ」の大切さが言われ、また銀行用語としても顧客との「リレーションシップ」による信用度に見合ったサービス提供等で使われています。

さらに特別な恋愛関係やIT用語としても派生的に「リレーションシップ」の表現が使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典