スポンサーリンク

「ルーチンワーク」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ルーチンワーク」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事をされている方は『ルーチンワーク』という言葉に聞き覚えのある方が殆どだと思いますが、最近では様々なメディアでも日常的にこの言葉が使われているのに気が付きませんでしょうか。

外国の言葉に何か特別なカッコよさやあこがれの感情を持つのは日本だけでなく、どの国でも発生しています。

今回は『ルーチンワーク』について焦点を当ててみたいと思います。

この記事では、「ルーチンワーク」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ルーチンワーク」とは?の意味

単刀直入に言ってしまうと『日課』や『単純業務作業』を指します。

例えば朝起きてラジオ体操を日課にされている方がいると思いますが、これも『ルーチンワーク』です。

あまり褒められませんが、家に帰ると無意識に冷蔵庫を開けて缶ビールをプシュッと開けてしまうのも『ルーチンワーク』になります。

もちろん仕事でも頻繁に使われており、例えば日報や週報、決まったデータを入力するなどは『ルーチンワーク』になります。

どちらかというと、創造的な仕事というよりは定められた手順で行う単純作業に対して使う言葉です。

「ルーチンワーク」の概要

元々は英語の『Routine work』から来ているカタカナ言葉です。

17世紀ごろのフランス語で『Route』(道)に『ine』という『抽象名詞形成辞尾』がくっ付き、『方法』や『手順』という元になる意味が生まれました。

ここに『Work』(働く)という言葉をさらに付けて、『日課』や手順が決まっているという意味での『単純作業業務』という言葉になりました。

「ルーチンワーク」の言葉の使い方や使われ方

この言葉はカタカナの意味も元々の英語の意味も全く同じで使われていますので、覚えておくと英語としても使える便利な言葉です。

自分で習慣にしていること、例えば本を寝る前に30分読むや語学の勉強を1時間行うなどは『ルーチンワーク』ですし、仕事で単純にデータを打ち込んだり電卓で計算した物を書き込むなどの作業にも『ルーチンワーク』という言い方が出来ます。

しかし単純作業も効率を上げる為に工夫することが必要ですので、決してバカにしてはならないものです。

『習慣が変われば人生が変わる』と言われるように日々総意工夫する必要があるのが『ルーチンワーク』ではないでしょうか。

単純に『ルーチン』や『ルーティン』と言う方もいますが、これもほぼ同じ意味を指す言葉です。

どちらかと言うと英語発音に近いのは『ルーティン』です。

「ルーチンワーク」を使った例文

・『ルーチンワークとして今後は一日30分は運動をして健康に気を付けたい。』

・『佐藤さんがルーチンワークを見直してくれたおかげで業務効率が格段に向上した。』

・『その業務はルーチンワーク化することで、営業活動の質を高められないだろうか。』

まとめ

如何でしたでしょうか。

今回はカタカナ言葉でも英語でも使われ方は基本同じな『ルーチンワーク』でした。

単純に『ルーチン』とも省略することもできるのでどちらを使っても問題ありません。

是非この機会に新しい『ルーチンワーク』や今行っている『ルーチンワーク』の見直しをしてより良い明日を創造してみては如何でしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典