「レオパード」と「豹柄」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レオパード」と「豹柄」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レオパード」「豹柄」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レオパード」とは?

「レオパード」の意味と概要について紹介します。

「レオパード」の意味

「レオパード」は、「ネコ科の動物で、ヒョウのこと」「ファッション用語でイエロー系に黒い斑点模様が不規則にちりばめられた柄のこと」です。

「レオパード」の概要

「レオパード」は、英語では“leopard”と書き、「レパード」と読むこともあります。

日本語で「ヒョウ」のことを言い、絶滅のおそれがある種としてワシントン条約により保護されています。

因みに英語の「パンサー」「黒ヒョウ」のことです。

ファッション用語では「レオパード」は、イエロー系の地に黒い斑点模様がちりばめられた柄のことを言います。

本来「ヒョウ」の模様は、黒い斑点が輪の様になり、中央にグレーの部分があるのですが、ファッション用語の「レオパード」の場合そこまで細かくなく、単なる斑点で色が違っても「レオパード」と言います。

「豹柄」とは?

「豹柄」の意味と概要について紹介します。

「豹柄」の意味

「豹柄」「ひょうがら」と読みます。

意味は「ヒョウの皮の模様のこと、イエロー時に黒い斑点があるもの」です。

「豹柄」の概要

「豹柄」は、ヒョウの様な模様のことを言います。

「レオパード」「ヒョウ」という意味ですが、「ヒョウ柄」は模様のことで、ワイルドなイメージとして使われることが多くなります。

また、大阪の主婦に多いファッションとして使われることもあります。

こちらも完全に「ヒョウ」の柄ではなく、似た様な柄に対して使われています。

「レオパード」と「豹柄」の違い!

「レオパード」「ネコ科の動物で、ヒョウのこと」「ファッション用語でイエロー系に黒い斑点模様が不規則にちりばめられた柄のこと」です。

「豹柄」「ヒョウの皮の模様のこと、イエロー時に黒い斑点があるもの」です。

まとめ

今回は「レオパード」「豹柄」の違いをお伝えしました。

「レオパード」「豹柄」は同じ意味、「イエロー時に黒い斑点があるもの」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典