「レターパック」と「スマートレター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「レターパック」と「スマートレター」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レターパック」「スマートレター」の違いを分かりやすく説明していきます。

「レターパック」とは?

「レターパック」とは、「A4サイズ(34cm×24. 8cm)・重量4kg以内の条件で信書・書類・いろいろな物品などを送ることができる郵便局の郵送サービス」のことです。

「レターパック」には、「レターパックプラス(520円)」「レターパックライト(370円)」の二種類があります。

「プラス」のほうが「ライト」よりも、「3センチ以上の厚みのある物を送れる」「対面(署名・印鑑)で確実に配達してくれる」という利点があります。

「スマートレター」とは?

「スマートレター」とは、「A5サイズ・重量1kg以内・厚さ2cm以内の条件で信書・書類・いろいろな物品などを送ることができる郵便局の郵送サービス」のことです。

「スマートレター」は専用封筒を「180円」で購入することで、上記の条件に当てはまる手紙や書類、品物であれば、全国一律料金で相手に送ることができるのです。

「レターパック」と「スマートレター」の違い!

「レターパック」「スマートレター」の違いを、分かりやすく解説します。

「レターパック」「スマートレター」「専用封筒を購入して、全国一律の料金で信書・書類・モノを送ることができる郵便局のサービス」を意味している点では共通していますが、「それぞれの料金・郵送できるものの大きさと重さ・追跡サービス・配達方法」に違いがあります。

「レターパック」「プラス」「ライト」に分かれていますが、「レターパックプラス」「A4サイズ(34cm×24. 8cm)・重量4kg以内・厚み3センチ以上可・追跡サービスあり・対面(署名)で配達・520円」になります。

「レターパックライト」は、「厚み3センチ以内・郵便受けに配達・370円」というのが、「プラス」との違いになります。

レターパックに対して「スマートレター」は、「A5サイズ(25cm×17cm)・重要1kg以内・厚み1センチ以内・追跡サービスなし・180円」という違いを指摘することができ、安い分、送れる物品の制限が多くなります。

まとめ

「レターパック」「スマートレター」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「レターパック」とは「A4サイズ・重量4kg以内の条件で信書・書類・物品などを送ることができる郵便局の郵送サービス(ライトは370円・プラスは520円)」を意味していて、「スマートレター」「A5サイズ・重量1kg以内・厚さ2cm以内の条件で信書・書類・物品などを送ることができる郵便局の郵送サービス(180円)」を意味している違いがあります。

「レターパック」「スマートレター」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典