スポンサーリンク

「レバレッジ1000倍」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レバレッジ1000倍」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レバレッジ1000倍」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レバレッジ1000倍」の意味

FX(外国為替証拠金取引)・暗号資産FXにおいて、自己資金の1000倍までのハイリスク・ハイリターンの信用取引をすること。

「レバレッジ1000倍」の解説

「レバレッジ1000倍」「レバレッジ」とは「梃子(テコ)・テコの原理」で、「レバレッジ取引」とは「主にFX(外国為替証拠金取引)・仮想通貨FXにおいて、テコの原理を効かせて自己資金(証拠金)の何倍もの金額の信用取引をすること」を意味しています。

「レバレッジ1000倍」というのは、「自己資金の1000倍までのロング(買い)あるいはショート(売り)のポジションを持つことができる、外貨・仮想通貨(暗号資産)・株などの信用取引」を示しています。

例えば、「10万円の自己資金(証拠金)で1億円の外貨・仮想通貨(暗号資産)などのハイリスク・ハイリターンな信用取引をすること」「レバレッジ1000倍」なのです。

「レバレッジ1000倍」の使われ方

「レバレッジ1000倍」という投資用語の使われ方は、「FX(外国為替証拠金取引)・暗号資産FXにおいて、自己資金の1000倍までのロング(買い)あるいはショート(売り)のポジションを持って信用取引をすること」を意味して使われます。

例えば、「レバレッジ1000倍はハイリスク・ハイリターンの信用取引で、巨額の借金を背負うリスクもあります」「レバレッジ1000倍のロングポジションで3000万円以上の利益を確定できました」などの例文で使用することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典