「レファレンダム」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「レファレンダム」

「レファレンダム」は英語では“referendum”と書きます。

普段の会話では使われることは滅多にありません。

但し知っておくとビジネスの場で政治や経済の話題になったり、入社時の面接試験で急に話題を振られた時にスムーズに話ができる様になります。

「レファレンダム」の意味

「レファレンダム」の意味と背景、語源などについて紹介します。

「レファレンダム」の意味

「レファレンダム」は、「国民投票」「住民投票」という意味です。

英語での直訳は「国民評決」ですが、上記の方が分り易いでしょう。

現在の日本では、憲法改正を求める時のみ国民投票が定められていますが、まだ実施されたことはありません。

地方自治体では、その自治体の様々な政策に対して住民投票が行われています。

レファレンダムは、国民や住民が直接投票することで民意が反映され易く、政治への関心を高めるというメリットがあります。

大きな時事ニュースになりマスコミにも注目されるなど、国民としての連帯感を生みだすでしょう。

「レファレンダム」の語源

「レファレンダム」の語源は、元々ラテン語の「告知すべきこと」という言葉でした。

これは投票の集計結果を公表するという意味です。

これが英語となり“referendum”になりました。

“referendum”“re-ferr”という動詞を名詞形にしたもので、「運び戻す」という意味です。

海外の民主主義は民意をそのまま政治に「運び戻す」ものであり、正に英語そのものなのです。

「イニシアティブ」との違い

社会で政治用語として習う言葉に「イニシアティブ」があります。

こちらは「国民発案」という意味で、「レファレンダム」と似ているので違いが分らないという人もいるでしょう。

「イニシアティブ」は、有権者による一定数以上の請求により、法律案や憲法改正案などの「発案」ができるというものです。

但し、現在では地上自治体のみで条例の制定や改正、廃案などを請求する権利として使われています。

地方議会は請求により議論をして、結果を公表する義務があります。

「レファレンダム」の様に直接投票をするものではありません。

「レファレンダム」の言葉の使い方

「レファレンダム」は以下のシーンで使われます。

国民投票

先述の通り、日本で国民全員を対象にした「レファレンダム」は1つのみです。

日本国憲法は非常に複雑で、他の様々な憲法や体制と複雑に関連付けられているので、改正するのは非常に困難となっています。

憲法を「レファレンダム」により改正するにはまず発案をするのですが、それには全国会議員3分の2以上の賛成が必要です。

発案が通るといよいよ「レファレンダム」が行われ、国民の過半数が賛成すれば憲法改正が実施されます。

住民投票

地上自治体の「レファレンダム」には2種類あります。

「地方自治特別法」は、特定の地域だけに制定される法律です。

その地域の住民により「レファレンダム」を行い同意を得ると法律が制定されるのです。

その他にも、地上自治体が必要と判断した場合に条例に基づき「レファレンダム」が行われます。

こちらは「レファレンダム」と言っても民意を推し量る単なるアンケートの様なもので、法的効力はなく自治体は必ずしも結果に従う義務はないのです。

「レファレンダム」を使った例文・短文(解釈)

「レファレンダム」を使った例文と解釈を紹介します。

「レファレンダム」の例文1

「イギリスではレファレンダムを行いEUからの離脱を決定した」

最近海外で最も話題になったのはこのニュースです。

2016年イギリスでEU(欧州連合)の残留・離脱を問うレファレンダムが行われ、離脱が決定しました。

「レファレンダム」の例文2

「大阪都構想はレファレンダムにより否決された」

日本で有名になったのは2015年の「大阪都構想」のレファレンダムです。

こちらは僅差で廃案となりました。

「レファレンダム」の例文3

「日本国憲法を変える為にはレファレンダムが必要だ」

日本国憲法で最近何度も話題になっているのが「憲法第9条」「戦争の放棄」です。

海外に自衛隊を派兵する度に問題になっているのですが、問題が複雑で未だにレファレンダムは行われていません。

「レファレンダム」の例文4

「この会社にもレファレンダムがあったらいいのに」

会社の待遇や制度に対して不満がある時に、社員による直接投票があればいいと思う気持ちを表しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典