スポンサーリンク

「レプリカ」と「贋作」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レプリカ」と「贋作」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レプリカ」「贋作」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レプリカ」とは?

「レプリカ」は、「有名な作品を複製したもので、本物ではないことを公表しているもの」という意味です。

絵画や工芸品、有名人が使用していた衣装やユニフォームなどを、本物そっくりに作ったものです。

正し、本物とは素材やサイズなどを変わっている点も多く、基本的に「レプリカです」と公表して出回っています。

鑑定士でなくてもそのジャンルに詳しい人ならば「レプリカ」だと分かることも多くあります。

「贋作」とは?

「贋作」「がんさく」と読みます。

意味は「悪意を持って他人の作品を複製して、本物であると偽っているもの」です。

本物であると他人を騙して高額で販売する目的で複製されたものです。

特に絵画に多く、飛びぬけて絵の上手な人が歴史的有名画家の作品をそっくりに模写して、加工して古く見せかけるのです。

残念ながら世のなかには多くの贋作が出回っていて、騙される人も少なくありません。

「レプリカ」と「贋作」の違い!

「レプリカ」「有名な作品を複製したもので、本物ではないことを公表しているもの」です。

「贋作」「悪意を持って他人の作品を複製して、本物であると偽っているもの」です。

まとめ

今回は「レプリカ」「贋作」の違いをお伝えしました。

「レプリカは本物ではないと公表している」「贋作は本物であると偽っている」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典