スポンサーリンク

「レプリケーション」と「フェイルオーバー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レプリケーション」と「フェイルオーバー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レプリケーション」「フェイルオーバー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レプリケーション」とは?

「レプリケーション」とは、「あるコンピュータで管理しているデータの複製(レプリカ)を別のコンピュータ上に作成しておき、リアルタイムで常にデータ内容を同期しながら障害(データ喪失)に備える仕組み」のことを意味しています。

「レプリケーション」というIT用語は、「データのレプリカ(複製)を作成して複数のサーバ間で常に同じデータ内容を同期させて維持することで、耐障害性を高める方法」のことを示しています。

「フェイルオーバー」とは?

「フェイルオーバー」とは、「あるシステムに障害が発生した場合に、待機させていた代替システムがその機能を自動で引き継いで処理を続けることができる仕組み」のことを意味しているIT用語です。

「フェイルオーバー」というのは、「一つのシステムにエラーが発生しても、すぐに別のシステムに自動で切り替えることで、障害の影響を無くすセキュリティー強化の方法」なのです。

「フェイルオーバー」によって、ネットワークや通信機器の信頼性を高めることができます。

「レプリケーション」と「フェイルオーバー」の違い!

「レプリケーション」「フェイルオーバー」の違いを、分かりやすく解説します。

「レプリケーション」「フェイルオーバー」はどちらも、「システムやデータを障害から守るセキュリティーを高める方法」という意味が共通しているIT用語ですが、「フェイルオーバー」のほうが「レプリケーション」よりも「障害発生時に代替システムに切り替えるという広い意味」を持っています。

「レプリケーション」というのは「データの複製(レプリカ)を作成してデータを常に同期しながら、障害が発生した時にはレプリカで代用するやり方」ですが、「フェイルオーバー」のほうは「現在のシステムに障害が発生した時には、待機させていた代替システムでその処理を自動で引き継いで対処するやり方」を意味している違いを指摘できます。

「レプリケーション」というのは、代替システムに切り替えるという意味では「フェイルオーバーの一種」としても解釈できます。

まとめ

「レプリケーション」「フェイルオーバー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「レプリケーション」とは「あるコンピュータに保存しているデータの複製(レプリカ)を別のコンピュータ上に作成して、リアルタイムで常にデータの内容を同期すること」を意味していて、「フェイルオーバー」とは「あるシステムに障害が発生した時、代替システムがその機能を自動で引き継いで処理を続ける仕組み」を意味している違いがあります。

「レプリケーション」「フェイルオーバー」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典