スポンサーリンク

「レベリング」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レベリング」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲームのジャンルは色々なものがありますが、中でもRPGはレベルを上げることで強くなるシステムが特徴であり多くのゲーマーがプレイしています。

このRPGでレベルを上げる行為を「レベリング」と言い、これに夢中になる人も多く存在します。

この記事では、「レベリング」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レベリング」とは?意味

「レベリング」とは元々英語の“level”を現在進行形にしたものであり、これは水平化や平均化という意味があります。

「レベル」は全体的にどれぐらい質や数値が高いかを示す度合いを示す意味があり、これを育成ゲームに用いたものがRPGとして有名です。

RPGにおいて「レベル」はキャラがどれぐらい強いかを示す数値であり、これは様々なクエストや戦闘することで得られる経験値によって上昇します。

「レベル」が上がるとそれに応じて各種のパラメーターが上昇し、これによって新しい場所に行けるようになったりボスを倒すことが可能になります。

RPGにおいて先に進むにはなるべくレベルを上げる必要があり、これを積極的にすることを「レベリング」と言います。

「レベリング」の概要

「レベリング」とはRPGにおいてキャラのレベルを上げるために積極的にする行為であり、これにはいくつかの種類があります。

最も有名な「レベリング」としては戦闘やモンスターを倒すことであり、これはチマチマやる人からレアモンスターに絞って一気に稼ぐ人もいます。

昔のRPGは一本道であることが多く「レベリング」の手段も限られていました。

しかし最近ではオンラインゲームのRPGや自由度が高いオープンワールドRPGも増えてきており、これらのゲームは「レベリング」の自由度も高くなっているのが特徴です。

「レベリング」の言葉の使い方や使われ方

「レベリング」は本来ゲーム内でのレベル上げをする際に使う言葉でしたが、これを例にして現実世界で使うことも可能です。

現実世界でモンスターはいませんが、小さな仕事や勉強をこなして成長することを例えで「レベリング」と表現することが可能です。

「レベリング」を使った例文(使用例)

・『ソーシャルゲームのレベリングはオート機能が付いているものが好きです』
・『古いゲームだが、レベリングが楽しいので今でも再プレイしちゃいます』
・『オープンワールドのRPGは自由にレベリングができるので凄く自分に合っています』

まとめ

RPGは主人公や仲間と共に旅をしながら物語を進めていくシステムになっており、先に進むにはレベルを上げる必要があります。

「レベリング」は新しい場所に行くためだったりボスを倒すためにする行為ですが、中にはその目標を忘れて「レベリング」に熱中するゲーマーも多く存在します。

コツコツと雑魚モンスターを倒すスタイルの人もいれば、強敵やレア敵を狙ってリスキーなスタイルの人も存在します。

コツコツと経験値を積み上げる「レベリング」は努力と達成感を得られますが、一方地味で退屈な繰り返しとなるのでこの辺のバランスを考える必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典