スポンサーリンク

「レボリューション」と「エボリューション」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「レボリューション」と「エボリューション」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「レボリューション」「エボリューション」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「レボリューション」とは?

「レボリューション」は、革命、大変革を意味する言葉です。

革命とは、支配されている階級が支配している階級を倒し、政権を握ることを意味するほか、物事が急激に発展すること、変革することを意味します。

また、王朝が変わることや改元などが行われることを意味し、これらはすべて、革命。

つまり、「レボリューション」となります。

「レボリューション」と言えば、産業革命が代表的で、これによって、生産性がアップし、以前とは比べ物にならないほど、人間は豊かな生活を手に入れることができるようになりました。

このように、「レボリューション」は社会的に大きなインパクトを残す、そのような出来事に対し用いられる言葉となります。

そのため、「レボリューション」は、「大きな流れ」「ビッグウェーブ」「逆転現象」「どんでん返し」などと言い換えることができます。

「レボリューション」の使い方

「レボリューション」は、「レボリューションを起こす」「社員によるレボリューション」などといった使い方となります。

「エボリューション」とは?

「エボリューション」は進化や発展、展開を意味する言葉です。

「エボリューション」の場合、進化や発展といった意味から、良い結果になることを意味する言葉となります。

進化には、生き物などが環境の変化などに合わせ、長い時間をかけ変化するといった意味があり、発展には、改善を行い良くなっていくこと。

展開には、広く広げていくこと。

といった意味があります。

これらすべて、良い結果を意味する言葉となり、そのことからも「エボリューション」には、良い結果となる進化や発展、展開といった意味があることがわかります。

そのため、「エボリューション」は、「進展」「進歩」「発達」などと言い換えることができます。

「エボリューション」の使い方

「エボリューション」の場合、そのまま「エボリューション」という形で用いられることが多く、「まさにエボリューション」といったような使い方となります。

「レボリューション」と「エボリューション」の違い

同じ変化することを意味する「レボリューション」「エボリューション」ですが、そのスピードに大きな違いがあります。

「レボリューション」は急激に変化する事を意味し、「エボリューション」は、じっくり、時間をかけ変化することを意味します。

「レボリューション」の例文

・『社員によるレボリューションによって、社内の働き方改革が大きく動きました。』

・『私も歴史上の人物のようにレボリューションを起こす人になりたい。』

・『生徒一丸となり、レボリューションを起こしたものの校長先生まで届くことはなかった。』

・『東京に出て、レボリューションを起こすような人になってみせます。』

「エボリューション」の例文

・『地下アイドルから始まったアイドルの進化が凄まじく、まさにエボリューションのようです。』

・『絶滅は、エボリューションのひとつであるという考えがあります。』

・『携帯電話のエボリューションはすごいと思います。』

・『私は、恐竜のエボリューションに非常に興味があります。』

まとめ

以上のような違いを踏まえ、使い分ける必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典