スポンサーリンク

「ロケハン」と「ロケ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ロケハン」と「ロケ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ロケハン」「ロケ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ロケハン」とは?

「ロケハン」はロケーションハンティングのことを指し、撮影で使用することができるエリアの貸し付けを行う行為です。

「ロケハン」は映画やテレビ番組造りに使用する言葉で、「撮影許可」とも呼びます。

その為、「ロケハン」似て撮影許可が下りれば晴れてロケーションを使用することが可能となり、そのエリアを使用して撮影に望めますが許可が下りなかった場合、他者の敷地内に押し入る場合は犯罪行為になります。

「ロケハン」の使い方

「ロケハン」という言葉の使い方は、撮影許可を得るために映画やテレビ番組を制作する陣営が使用するため、一般の方は使用しないです。

「ロケハン」という言葉は映画やテレビ番組制作陣が「撮影許可」が下りたことをロケハンが下りたと使います。

「ロケ」とは?

「ロケ」「ロケハン」による撮影許可が下りた場合、撮影許可が下りたエリアを使用して動画撮影に当たる行為を指します。

「ロケ」はロケーションに意味で、エリアや場所という意味になり、動画コンテンツを作る方々の撮影場所という意味です。

「ロケ」の使い方

「ロケ」の使い方は、「ロケハン」があって成立する撮影業界用語で撮影許可が下りることでそのエリアを使用することができた場合、「ロケ」がスタートします。

その為、この言葉を用いるのは動画撮影関係者で、「ロケスタート」とすることで映画やテレビ番組制作が始まったことを示すのです。

「ロケハン」と「ロケ」の違い

「ロケハン」はあくまで動画コンテンツなどを作成するためのエリアの撮影許可を頂くことで撮影自体は行いません。

一方で「ロケ」「ロケハン」に取る撮影許可が下りた場合成立する、撮影行為になるため、違いは撮影行為であるかただの許可を得るだけであるかという違いです。

「ロケハン」の例文

・『ちゃんとロケハンせんかー!』
この例は、撮影許可を取る行為である「ロケハン」に失敗してしまい、そのことに対して現場を監督するものが激怒している様子です。

「ロケハン」は下見であるとしていることが多いのですが、正確にはロケーションハンティングになりますのでそのエリアを確保することが本来の意味になります。

「ロケ」の例文

・『ロケが成立しました』
この例は、エリア確保が成立し、そのエリアを使用することができるようになったという例です。

「ロケ」はエリアを使用して撮影する行為になるためこの場合「ロケ」を用いて撮影に当たることが可能であると表現します。

まとめ

「ロケハン」「ロケ」の違いですが、「ロケハン」はあくまで撮影許可をいただくことでその後の方針はまだ定まってないです。

一方「ロケ」は撮影するという方針が定まってますので両者の違いは、許可を頂くだけ行為と許可を得てからどうするかという違いがあるのです。

その為、「ロケハン」があって「ロケ」が成立し、その逆はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典