スポンサーリンク

「ロックダウン」と「シャットダウン」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ロックダウン」と「シャットダウン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ダウン」と名付くフレーズに「ロックダウン」「シャットダウン」があります。

この記事では、「ロックダウン」「シャットダウン」の違いを分かりやすく説明していきます。

友達に尋ねにくい言葉の差を、いまいちどレッスンしていきましょう。

スポンサーリンク

「ロックダウン」とは?

新型コロナにまつわるニュースで、とくに目にするようになったのがロックダウンです。

ロックダウンとは都市封鎖のこと。

主にヨーロッパやアメリカで実施されている、特定の都市の行動につよい制限をかけるものです。

ロックダウンは企業にリモートを義務化し、住民が遊び目的で出歩くことを禁止する政策です。

違反すると国によっては、高い罰金をはらう必要もあります。

ニュージーランドでは1人の感染者が出たことから、強いロックダウンを実施。

国内の保育園や学校は閉鎖され、多くの店がシャッターを閉じました。

ロックダウンは「人の動き」に強い制限をかけるので、新型コロナ対策として大きな効果が期待されています。

けれどもロックダウンの内容は国によって異なるので、どこまで規制をおこなうかなど判断がむずかしいこともあります。

「シャットダウン」とは?

シャットダウンとは、システムや運転を停止すること。

IT分野でもともと使われていたサイエンス用語で、パソコンなどのシステムを終了させることです。

ちなみにシャットダウンという単語は、英語から来ています。

英語ではおもに食品や車などの生産工場の休業をあらわします。

トラブルが起こって、作業ができないときにシャットダウンを用います。

シャットダウンは日本では「コンピューターの電源を切る」という意味で使われます。

最近ではその意味が飛躍していて、他人と距離を置くこと・仕事を休むことをシャットダウンと呼んでいます。

心のシャットダウンをおこなうと、ストレスが緩和されて気持ちが楽になるメリットがあります。

「ロックダウン」と「シャットダウン」の違い

よく似たカタカナ語に「ロックダウン」「シャットダウン」があります。

「ロックダウン」「シャットダウン」の違いを、分かりやすく解説します。

・ロックダウンは新型コロナの規制

ロックダウンが広く聞かれるようになったのは、新型コロナウイルスが世界中に広がってからのこと。

ロックダウンには「都市を封鎖する」という強い意味があります。

新型コロナの施策はロックダウン。

よく似たシャットダウンは、パソコンの電源を切る・工場の操業を止める・心を休ませるという意味で用いられます。

今では当たり前に聞くロックダウンですが、もともとは「犯罪者を独房に閉じ込める」ために使われていた刑務所のフレーズです。

語源を知ると、なるほどと思えます。

まとめ

「ロックダウン」「シャットダウン」の違いを、簡単にお伝えいたしました。

ロックダウンは新型コロナウイルス感染防止のために、おこなわれる施策のこと。

シャットダウンは主にPCの電源を切るというサイエンス語です。

正しく言葉を区別して、実生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典