スポンサーリンク

「ロハス」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ロハス」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ロハス」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ロハス」とは?意味

「ロハス」は、アルファベット表記では「LOHAS」で、これは英語の「Lifestyles of Health and Sustainability」の頭文字を取った略語です。

直訳すると、「健康的で持続可能な生活様式」と言う意味になります。

「ロハス」の概要

「ロハス」の意味は前項で記載した様に「健康的で持続可能な生活様式」と言う漠然とした意味で、はっきりした定義はありません。

しかし概念としては「心身の健康や、持続可能な暮らしや地球環境を、無理なく追及しつつ心豊かに暮らすライフスタイル」と言えます。

この概念がエコロジーと違うポイントは、心身の健康と言う考え方が入っている点です。

この「ロハス」と言う概念は、1990年代にアメリカのコロラド州ボールダー周辺で生まれたものです。

そのきっかけは、農薬汚染や色々な環境問題にの問題に危機意識を持った人達が、そうした生き方を指向した事だとされています。

日本でも「ロハス」の考え方は、雑誌等でもしばしば取り上げられ、その精神を生き方の信条としている人も増えています。

またこの精神を体現し、広める活動として、下記の様なイベントも行われています。

その一つが、「?体や?に優しいことは地球にも優しいことだ」と謳い、「ロハス」の考え方を普及させるための「ロハスフェスタ」があります。

このフェスタは、毎年5カ所程度の会場で開催されています。

また、その他には、作者の顔や想いが見えるクラフト品や、長く使われ続けているアンティーク品や、こだわりの食材を使った手造りフードやスイーツなどの販売が、公園を会場にして行われるフリーマーケっての「ロハスパーク」もあります。

こうした「ロハスフェスタ」「ロハスパーク」は商業的に「ロハス」と銘打っている感もありますが、それでも「ロハス」な生き方は少しづつ広まっていると言えます。

「ロハス」の言葉の使い方や使われ方

「ロハス」の言葉は、『都会で忙しく仕事に追われる生活を続けていると、ロハスな生活スタイルに憧れを持つのは当然とも思えます。』や『都会を離れて、自給自足を中心にしたロハスなライフスタルには憧れもありますが、現実に実行に移すのは、簡単な事ではありません。』の様に使われます。

「ロハス」の類語や言い換え

「ロハス」の類語や言い換えとしては、「エコなスローライフ」「自然回帰」「持続可能な生活」などが挙げられます。

まとめ

「ロハス」は英語の「Lifestyles of Health and Sustainability」の頭文字を取った略語で、アルファベット表記では「LOHAS」です。

このライフスタイルの定義はありませんが、「健康的で、環境に配慮した持続可能な生活様式」と言った意味になります。

この考え方には、「エコロジー」も含まれていますが、そこにプラスして健康な生活と言う考え方が入っており、単なる「エコ」とは少し概念が異なります。

またこうした考え方を、出来る範囲で実践するという点も「スローライフ」に通じる「ロハス」の特徴と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典