スポンサーリンク

「ロンパリ」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ロンパリ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ロンパリ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ロンパリ」の意味

斜視の蔑称で、片方の目が別の方向を向いている状態のこと。

「ロンパリ」の解説

「ロンパリ」とは斜視の蔑称で、放送禁止用語となっています。

「斜視」とは、片方の目は視線が正しい方向に向いてるのですが、もう片方の目が内外側、あるいは上下など別の方向に向いてしまっている状態の事を指します。

「ロンパリ」の他に、ガチャ目、寄り目、やぶにらみ、ひんがら目などと呼ばれる事もあります。

「ロンパリ」は一方の目でロンドンを見つつ、もう一方の目でパリを見ているようとだと例えられて作られた言葉だとされていますが、実際のロンドンとパリはそこまで距離は離れていません。

原因は遺伝という説も一部ありますが、はっきりとした原因は分かっていません。

また脳腫瘍などの脳の疾患が原因となる場合もありますので、注意が必要です。

「ロンパリ」は外見上目立つため、差別やいじめなどにつながる恐れがあり、「ロンパリ」が原因で対人恐怖症になってしまったりする例もあります。

「ロンパリ」の使われ方

「ロンパリ」は差別用語であり、放送禁止用語になっているため、メディアやマスコミから耳にする機会は非常に少なくなっています。

しかしながら、ニュース番組などの生放送でキャスターやタレントが「ロンパリ」と発言してしまい、問題になるケースも時折起こっています。

「ロンパリ」を患っている方に対しても、非常にコンプレックスになっている場合が多く、軽率に発言すべきではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典