「ワーカホリック」と「長時間労働」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ワーカホリック」と「長時間労働」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ワーカホリック」「長時間労働」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ワーカホリック」とは?

「ワーカホリック」は、「自分の健康やプライベートを犠牲にしてまで仕事に打ち込んでしまう状態のこと」という意味です。

日本語で「仕事中毒」とも言われ、過酷な労働状況にあることで感覚が異常になってしまい、仕事に依存してしまい、仕事していないと逆に不安になってしまうのです。

「ワーカホリック」“work”(仕事)と“alcohoic”(アルコール中毒)が組み合わさった言葉で、英語でも通じます。

生活の大半を仕事に費やし、仕事に対して中毒症状を起こしてしまっている様に見える人に対して使われます。

「長時間労働」とは?

「長時間労働」「ちょうじかんろうどう」と読みます。

意味は「労働に対する拘束時間が長い状態」です。

毎日定時で帰れずに深夜まで残業することが当たり前になっている、或いは休日出勤がざらにあるなど、仕事に拘束される時間が長いことを表します。

「長時間労働」は単に「長時間働いている状態」を表す言葉で、それによる人の精神的な変化という意味は含みません。

「ワーカホリック」と「長時間労働」の違い!

「ワーカホリック」「自分の健康やプライベートを犠牲にしてまで仕事に打ち込んでしまう状態のこと」です。

「長時間労働」「労働に対する拘束時間が長い状態」です。

まとめ

今回は「ワーカホリック」「長時間労働」の違いをお伝えしました。

「ワーカホリックは仕事中毒」「長時間労働は労働時間が長いこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典