スポンサーリンク

「ワークショップ」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ワークショップ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

グループでの学習会を開こうと思ったとき、気になる単語があります。

この記事では、「ワークショップ」の意味を分かりやすく説明していきます。

講座の正しい内容を知って、研修にまつわる知識を深めていきましょう。

スポンサーリンク

「ワークショップ」とは?意味

ワークショップとは、体験型のセミナーのこと。

講師の一方的なレクチャーではない、参加型の勉強会です。

色々な世代の人が参加できるため、注目があつまっています。

ワークショップのメリットは、同じ趣味をもつ参加者が気軽に集まれること。

プロのアドバイスを受けながら、自分の手でひとつの作品を作り上げていくので、満足度も高いです。

ワークショップのジャンルにはヨガやエアロビなどのスポーツ系、陶芸や絵画などのアート系、パン焼きやスイーツ作りなどの料理系、ペン習字や英語などの教養系などがあります。

最近では「ワークショップ形式の新人研修」を積極的に取り入れている企業もあります。

「ワークショップ」の概要

ワークショップはもともと「地域の問題を解決するために生まれた、行政のコミュニケーションの場」のこと。

色々な職業や立場の人が、分け隔てなく参加できる集まりをワークショップと呼んでいました。

近年では「自治体の勉強会」だけではなく、社員研修や趣味の場、企業のプロモーションにもワークショップが広まっています。

少人数でおこなうワークショップは参加者同士の仲が深まりやすく講師との距離も近いため、中身の充実したものが多くなっています。

「ワークショップ」の言葉の使い方や使われ方

「ワークショップ」の使い方をチェックしていきましょう。

・起業を目指す女性のための、ワークショップが開催された。

「次回のワークショップの、講師をキャスティングしてくれますか?」 ・社員研修のひとつに、ワークショップ形式の研修がおこなわれた。

ワークショップは「体験できる研修」として、多くの企業も積極的な導入をおこなっています。

最近では感染症予防の観点から、オンライン型のワークショップも登場しています。

「ワークショップ」の類語や言いかえ

ワークショップを他の言葉に言いかえたいとき、次のような単語が挙げられます。

・体験型のイベント
・参加型の講座
・グループ研修
・体験型のセミナー
ワークショップは単なる勉強会と異なり、参加している人自身が主体的に動けるイベントです。

そのため「参加型の講座」「体験型のセミナー」などに置きかえて使用できます。

まとめ

ワークショップとはそもそも何なのか、分かりやすくお伝えしました。

ワークショップは町おこしの一環として生まれたもの。

最近では「プロが教えてくれる、参加型のイベントやセミナー」をワークショップと呼んでいます。

ワークショップにはスポーツ系、語学系、ビジネス系など色々なジャンルがあります。

先生と参加者が気軽にコミュニケーションを取れるワークショップは満足度も高く、最近では「企業のプロモーションの一環」として注目されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典