「一点集中」と「気を向ける」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一点集中」と「気を向ける」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一点集中」「気を向ける」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「一点集中」とは?

「一点集中」の意味と使い方について紹介します。

「一点集中」の意味

「一点集中」「いってんしゅうちゅう」と読みます。

意味は、「一つの目的や目の前にあるものごとだけに向かって、雑念を入れずに注意し続けること」です。

「一点集中」の使い方

「一点集中」は、一つの目的や、現在目の前にあるものごとだけに注意を注いで行動することを言います。

そのものごとにしか注意を向けないので、必然的に視野が狭くなります。

視野が狭くなると、多方面からの刺激や情報が入りにくくなる為に、余計に集中できるのです。

そのものごとに関しては細かい点まで気がつくので、成功すれば素晴らしい結果になります。

ただし、急な変化に弱く、予定外のことが起きたり、進み具合が遅いと判断力が鈍り、スムーズに行動できなくなってしまうこともあります。

「気を向ける」とは?

「気を向ける」の意味と使い方について紹介します。

「気を向ける」の意味

「気を向ける」「きをむける」と読みます。

意味は「意識してその方面に注意すること」です。

「気を向ける」の使い方

「気を向ける」は、特にそこにだけ集中するのではなく、意識的にそちらに興味や関心を向けることを言います。

現在のことも並行して行いながら、更に周囲のことに対しても関心を持つ時の表現です。

様々なことに接して視野が広くなるので、それだけ多くの情報を受け取れます。

いざと言う時に柔軟に対応できたり、判断が早くなるのです。

「一点集中」と「気を向ける」の違い!

「一点集中」「一つのことに絞って雑念を入れずに注意し続けること」です。

「気を向ける」「意識してその方面に注意すること」です。

まとめ

今回は「一点集中」「気を向ける」の違いをお伝えしました。

「一点集中は視野が狭い」「気を向けるは視野が広い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典