「一花咲かせる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「一花咲かせる」の意味

「一花咲かせる」とは、ある一時期だけ活躍したり、注目を集めて活気づくという意味になります。

「一花咲かせる」の読み方

「一花咲かせる」の読み方は、「ひとはなさかせる」になります。

「一花咲かせる」の表現の使い方

「一花咲かせる」を使った表現を紹介します。

「一花咲かせる」「一花」とは、漢字の通りの意味ならば「一輪の花」「一つの花」ということになりますが、それとは別の意味合いがこの言葉にはあります。

それは「一時期の栄え」ということです。

つまりいい時代が少しだけあった、ある一時代を作ったという意味合いが「一花咲かせる」にはあるのです。

もう一度奮起して活躍する、世間の注目を集めるといった意味でよく使われる言い回しが「もう一花咲かせたい」という言い方です。

これは「一花咲かせる」経験をした人が、もう一度復活したい、あの時代のようにまだまだ頑張ることができるといったニュアンスを含めて使います。

「一花咲かせる」を使った例文と意味を解釈

「一花咲かせる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「一花咲かせる」を使った例文1

「私も、一花咲かせることができたのだし、いつまでも現役にこだわることもないと思って、引退を決めた」

「一花咲かせる」という言葉には、一時的に勢いがある、活躍する、成功するといった意味があります。

つまり例文は、自分が活躍したり、成功を収め、それなりの結果を残したことで、思い残すこともないので引退するということを言い表しているのです。

「一花咲かせる」を使った例文2

「あの人も、かつては一花咲かせて、いい時代を経験しただけに今の自分の状況が我慢できないのでしょう」

「一花咲かせる」とは、一時的な繁栄という意味合いがあります。

例文は、本人にとって勢いがあり栄えていた時代もあっただけに、現在の状況があまり良くなくて辛いのだろうと言っているのです。

「一花咲かせる」の類語や類義語

「一花咲かせる」の類語や類義語を紹介します。

「名を上げる」【なをあげる】

「名を上げる」とは世間に、名前が知られて有名となることで、良い評判で人に知られるようになることに使うことが多い言葉です。

「この作品で、彼は名を上げた」「あの会社は、初動を誤ったせいで、悪い意味で名を上げることになった」という風に使います。

「出世する」【しゅっせする】

「出世する」とは社会的に高い地位につくこと、世の中に名前が知られるようになること、社内などで地位が上がることを言います。

「この曲は、彼女が出世するきっかけとなったヒット曲だ」「今回の不祥事のとばっちりで降格させられたが、僕は必ずまた出世するつもりだ」などと使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典