スポンサーリンク

「一貫」と「一環」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一貫」と「一環」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一貫」「一環」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「一貫」とは?

「一貫」「貫」には、つらぬく、やりとおす、といった意味があります。

その意味通り「一貫」には、一つの方針や方法、態度などで、始まりから終わりまで貫くといった意味がります。

このような意味から良い意味合いで用いられることが多く、何かを「一貫」して行う行為は良い意味として受け入れられる場合が多くなります。

このような意味から「一貫」は、「つらぬく」「やり通す」「貫徹」「突き通す」などと言い換えることができ、英語で言えば、「consistent」です。

「一貫」の使い方

何が「一貫」しているのかを表す使い方として、「一貫した主張」「一貫した政策」「一貫した態度」のほか、「一貫作業」「一貫性」「裸一貫」「首尾一貫」「中高一貫」などといった言葉もあります。

「一環」とは?

「一環」「環」には、輪といった意味があります。

その意味通り「一環」には、鎖などの一つの輪といった意味があり、互いに親密な関係を持つものの一部分、全体の一部分といった意味があります。

お互いに何らかのつながりを持つものの一部、全体を構成する一部といった意味で用いられる言葉です。

このような意味から「一環」は、「一部分」「一端」「一連の流れ」などと言い換えることができ、英語で言えば、「part」です。

「一環」の使い方

何の「一環」なのかを表す使い方として、「授業の一環」「業務の一環」「リハビリの一環」「トレーニングに一環」「勉強の一環」などがあります。

「一貫」と「一環」の違い

同じ読み方でも、全く異なった意味を持つ「一貫」「一環」です。

「一貫」は、一つの方法や考えなどで始まりから終わりまでつらぬくことを意味する言葉です。

そして、「一環」は、全体の一部といった意味があり、同じ「一」という漢字が示す意味も大きく異なります。

「一貫」「一」は、一つの方法や考え。

そして、「一環」「一」は、一部の「一」です。

「一貫」の例文

・『私は、中高一貫の女子校に通っていました』
・『夢を叶えるため、今の仕事を辞め裸一貫で商売を始めました』
・『考えや方針が一貫している会社に魅力を感じます』
・『私の子供には、一度決めたことは決して途中で投げ出すことなく一貫した考えでやり通す人間になってほしい』

「一環」の例文

・『授業の一環として、今度、子供たちを町探検に連れて行こうと考えています』
・『私は、トレーニングの一環として山登りにチャレンジしました』
・『環境対策の一環として、海岸のゴミ拾いのボランティア活動を始めました』
・『母をリハビリの一環として、散歩に連れ出しています』

まとめ

「一貫」「一環」には、以上のような違いがあります。

全く異なった意味を持つ言葉となるため、決して間違って使わないよう注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典