スポンサーリンク

「一辺倒な話し方」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「一辺倒な話し方」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「一辺倒な話し方」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「一辺倒な話し方」とは?意味

「一辺倒な話し方(いっぺんとうなはなしかた)」とは、「自分が話したい特定の話題・内容だけに偏ってそればかり話し続ける話し方」を意味しています。

「一辺倒な話し方」という言い回しは、「ある話題・議論について特定の方向性や方針だけに偏っているバランス感覚に欠けた話し方」を示唆しているのです。

「一辺倒な話し方」という表現には、「自分の話したい意見や話題ばかりを話して、話し相手のことを顧みない(話し相手の話題・意見には耳を傾けない)」といった意味のニュアンスも含まれています。

「一辺倒な話し方」の概要

「一辺倒な話し方」という言い回しは、「一辺倒」「話し方」を組み合わせてつくられている表現です。

「一辺倒」という名詞は、「特定の方向や一方の方針だけに傾倒していて、他の人・異なる方向(異なる方針)のことを顧みないこと」を意味しています。

「一辺倒」には、「一つの方向・方面だけに熱中していて、他のこと(他の人)には意識・注意が向けられていない」という意味があるのです。

「話し方」という名詞は、「自分が話をする時のやり方・人と会話をする時の方法」といった意味合いを備えています。

これらの二つの言葉の意味を合わせて、「一辺倒+話し方=一辺倒な話し方」で、「その人が話したい話題・意見だけに傾倒していて他に配慮することがない、話す時のやり方・自分の話したいことばかりを一方的に話して相手の意見を聞かないような話す時の方法」といった意味になります。

「一辺倒な話し方」の言葉の使い方や使われ方

「一辺倒な話し方」の言葉の使い方は、「一つの方向性や特定の方針(意見)だけに傾いていて、それ以外の方向性・考えには配慮しない話し方」を意味して使う使い方になります。

例えば、「選択的夫婦別姓の問題について、彼は保守派らしく反対というだけの一辺倒な話し方 をしてきました」などの文章で使えます。

また「一辺倒な話し方」は、「自分の話したいことばかりを話して、相手の話に耳を傾けないような話し方」を示唆して使われることも多くなります。

その場合は、「勢い良く一辺倒な話し方をしてくるので、彼と会話をするのが苦痛なのです」といった例文で使用できます。

「一辺倒な話し方」を使った例文(使用例)

・『人の話を聞かずに一辺倒な話し方をしていると、人から好かれることは滅多にありません。』

・『彼女は男女の価値観や生き方の違いについて一辺倒な話し方だったので、自分の意見を語ることは控えたほうが良いだろうと判断しました。』

・『外交問題では一辺倒な話し方をする大統領なので、あちらの条件の大部分を飲まない限りはまともな話し合いをすることは難しいでしょう。』

まとめ

「一辺倒な話し方」という言い回しの意味・使い方などについて説明してきましたが、いかがでしたか? 「一辺倒な話し方」とは、「自分の話したい内容だけを話し続けて、相手の主張に耳を傾けない話し方」「特定の方向・方針だけに傾倒して、それと異なる内容・意見を顧みることがない話す時の方法」を意味しています。

「一辺倒な話し方」という表現の意味・概要について詳細を知りたい時は、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典