「三が日」とは?意味!正月三が日の英語

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「三が日」とは?意味

「三が日」は、正しくは「正月三が日」と言います。

「三が日」の定義は「1月1日から3日までの3日間」で、この期間は官公庁や金融機関、または多くの民間企業が休業になります。

一般的に1月は「正月」と呼ばれますが、これには3つの解釈があります。

1つ目は「1月の丸々1ヵ月間」「正月」と呼ぶことで、1月は「1年における正式な最初の月」という意味です。

2つ目は「三が日の3日間」で、地方での正月行事が最も多く行われ、商業的にはこちらを基準としています。

3つ目は「松の内と呼ばれる1日から7日までの7日間」で、年賀状や正月飾りの期間であり、学校やメディアなどはこちらを基準にしています。

「正月三が日」の英語

「正月三が日」の英語表現を紹介します。

“first three days of the January”

「一月の最初の三日」という意味です。

実際には欧米には「三が日」という考え方はなく、主に元日を休暇にして“Happy new year.”といい、2日目から企業は通常業務となるところが殆どです。

「三が日」は単なる「三日間」に過ぎないのです。

“First Three Days of the New Year”

「新年の最初の三日」になります。

英語では「元旦」“New Year’s Day”ですが。

それ以降の2日目、3日目という感覚がないので、この様な言い方になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典