スポンサーリンク

「三杯酢」と「黒酢」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「三杯酢」と「黒酢」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「三杯酢」「黒酢」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「三杯酢」とは?

「三杯酢(さんばいず)」とは、「酢・醤油・砂糖(あるいはみりん)を混ぜ合わせた調味料」のことです。

「三杯酢」「酢・醤油・砂糖を1:1:1の割合で混ぜ合わせた調味料」とされますが、実際には「酢・醤油・砂糖を3:1:2で混ぜ合わせること」が多くなっています。

「三杯酢」は、「二杯酢(酢・醤油を1:1)」よりも殺菌力ではやや劣ります。

「黒酢」とは?

「黒酢(くろず)」とは、「穀物(米)を原料とする黒色・琥珀色をした醸造酢(米酢)の一種」のことです。

「黒酢」「精米・米麹・玄米などの精米度の低い米・大麦」が原料として醸造されますが、日本では野天に並べた陶製の壷(つぼ)を使った醸造法が知られています。

「黒酢」には、「クエン酸」だけでなく穀物由来の「アミノ酸」が含まれていて、疲労回復などの効果が期待できるとされます。

中国の「黒酢(香酢)」には、「コーリャン・大麦」の使用が多くなっています。

「三杯酢」と「黒酢」の違い!

「三杯酢」「黒酢」の違いを、分かりやすく解説します。

「三杯酢」「酢を使って醤油や砂糖と混ぜ合わせた調味料」のことですが、「黒酢」のほうは「米・米麹・玄米などの穀物を原料にした黒色(琥珀色)の醸造酢」であるという違いがあります。

「三杯酢」「酢・醤油・砂糖を1:1:1の割合で混ぜ合わせた調味料」ですが、「黒酢」というのは「酢以外のものを混ぜ合わせていない醸造酢・米酢そのもの」であるという違いを指摘できます。

また「三杯酢」には「黒酢以外の一般的な薄黄色をした酢やリンゴ酢(果実由来の醸造酢)」などが使われることも多いのです。

まとめ

「三杯酢」「黒酢」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「三杯酢」とは「酢・醤油・砂糖あるいは味醂(みりん)を混ぜ合わせた調味料」を意味していて、「黒酢」「穀物を原料とする黒色をした醸造酢(日本では米酢)の一種」を意味している違いがあります。

「三杯酢」「黒酢」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典