スポンサーリンク

「三角関係」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「三角関係」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「三角関係」の意味を分かりやすく説明していきます。

恋愛の場面でよく耳にするこの言葉には、どのような意味があるでしょうか。

スポンサーリンク

「三角関係」とは?意味

「三角関係」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「三角関係」「さんかくかんけい」と読みます。

「三角」は、「三つの角のある図形」の意味があり、「関係」には、「二つ以上の物事が、かかわりあうこと」を意味します。

これを踏まえて「三角関係」は、三角形の角のように、三人の人がかかわる人間模様を意味します。

主に恋愛に関する言葉で、三人の人たちが、同時にお互いを好きになり、付き合ったり、片思いをしあったりしているような場面に使う言葉です。

「三角関係」の概要

「三角関係」という言葉を使うとき、どのような人間関係になるでしょうか。

例えば、A さん、Bさん、Cさんという三人がいるとき、AさんとBさんが愛し合っていて、Cさんは蚊帳の外という場合には、「三角関係」とは呼びません。

Aさんが、Bさんと付き合いながらも、Cさんとも関係を持っている場合は、「三角関係」になります。

また、AさんはBさんが好きで、BさんはCさんが好き、さらにCさんがAさんを好きというような、すれ違いの三人の愛の人間模様も、「三角関係」と呼びます。

このように、一筋縄ではいかない複雑な三人の関係性を表したいときに、「三角関係」という言葉を使って表現します。

「三角関係」の言葉の使い方や使われ方

「三角関係」という言葉を使うときは、「三人」の登場人物がいること、また「恋愛」に関する関係性であることが必須となります。

さらに、「すれ違い」の要素があることや、「二股以上」の関係性がある場合は、「三角関係」と表現できます。

「あの三人は、三角関係になっている」、また「三角関係から抜け出して、Aさんと結ばれたい」などという、使い方ができます。

AさんとBさん、Cさんが、それぞれ二股をしているような、ドロドロした関係性の場合も、「三角関係」になります。

このような時は「泥沼の三角関係」などと表現できます。

一方で、誰と誰の間にも肉体関係が伴わず、お互いが片思いで、一つもカップルが成立していないような、学生時代によくみられる様な、さわやかな三人の恋愛関係も「三角関係」と呼びます。

「三角関係」の類語や言いかえ

「三角関係」の類語として「二股」があります。

「二股」「ふたまた」と読み、「一人の人が、同時に二人と付き合うこと」を意味します。

AさんがBさんとも、Cさんとも、同時に付き合っている場合は、「Aさんは、二股をかけている」と表現できます。

同時に、この三人は、比較的単純な形の「三角関係」でもあり、とても似た言葉だということができます。

まとめ

「三角関係」という言葉についてみてきました。

この言葉は、「三人」の登場人物がいる場合、また「恋愛」に関する関係性の時に使うようにしてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典