スポンサーリンク

「下準備」と「下ごしらえ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「下準備」と「下ごしらえ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「下準備」「下ごしらえ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「下準備」とは?

「下準備」「したじゅんび」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「本格的にものごとを行う前に、あらかじめ必要なものを用意しておくこと」という意味で、ある行動をするのに必要なものをあらかじめ揃えておくことを言います。

2つ目は「ものごとがスムーズに行くように態勢を整えておくこと」という意味で、ものごとが滞りなく進む様にあらかじめ必要なものを揃えたり、手順を決めておくことを言います。

上記に共通するのは「あらかじめ用意しておく」という意味です。

「下準備」の使い方

「下準備」「本格的にものごとを行う前に、あらかじめ必要なものを用意しておくこと」「ものごとがスムーズに行くように態勢を整えておくこと」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「下準備する・した」と使われたり、副詞として「下準備して」と使われたりします。

元々「準備」「前もってやっておくこと」という意味ですが、「下準備」は、素材や情報など必要なものを揃えて、いつでも準備できるようにしておく状態に使われる言葉です。

「下ごしらえ」とは?

「下ごしらえ」「下拵え」と書きます。

意味は「調理する前に加工しておくこと」という意味で、すぐに調理ができる様に食材を切ったりゆでたりなど大体やっておくことを言います。

「下ごしらえ」の使い方

「下ごしらえ」「調理をする前に加工しておくこと」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「下ごしらえする・した」と使われたり、副詞として「下ごしらえして」と使われたりします。

基本的に、食材に手を加えておき、すぐに調理できる様にしておくことを表し、日常では食べ物に対して使われる言葉です。

「下準備」と「下ごしらえ」の違い

「下準備」「素材や情報など必要なものを揃えて、いつでも準備できるようにしておく状態」という意味です。

「下ごしらえ」「食材に手を加えておき、すぐに調理できる様にしておくこと」という意味です。

「下準備」の例文

・『資料を作成する前にデータやレイアウトなど下準備しておく』

・『海外旅行には必要なものが多いので今のうちに下準備しておこう』

・『下準備はできているのでいつでも取り掛かれますよ』

・『プレゼンを考える前に下準備として情報収集しよう』

「下ごしらえ」の例文

・『料理は下ごしらえがメインで、火を通すのは簡単だ』

・『今夜は鍋にしたいので、下ごしらえを済ませておく』

・『下ごしらえが出来ているので、味がしっかりとしみている』

・『チェーン店の居酒屋の食材は、全て下ごしらえしてあるそうだ』

まとめ

今回は「下準備」「下ごしらえ」について紹介しました。

「下準備」「必要なものを用意すること」「下ごしらえ」「食材に加工しておくこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典