スポンサーリンク

「下級裁判所」と「最高裁判所」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「下級裁判所」と「最高裁判所」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニュースや新聞で「下級裁判所」「最高裁判所」について見聞きする機会は多いでしょう。

いずれも裁判所ではあるのですが、その役割や機能は大きく異なります。

社会人となると裁判を経験したり、知識が必要になったりするケースは多いので、両者の違いは知っておくのがおすすめです。

この記事では、「下級裁判所」「最高裁判所」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「下級裁判所」とは?

「最高裁判所」以下に位置づけられる、全ての裁判所を現す言葉が「下級裁判所」です。

具体的には高等裁判所や地方裁判所、家庭裁判所の他に簡易裁判所があります。

「下級裁判所」はこれらの裁判所の総称です。

このため、世の中に現実的に「東京下級裁判所」のような建物が実在するわけではありません。

第一審と控訴審を担当するのが、これらの裁判所の主な役割です。

なお、高等裁判所は上告審(第三審)を担当することがあります。

「最高裁判所」とは?

日本の司法権における最高機関が、「最高裁判所」です。

裁判手続きのうち、最後となる上告審を担当します。

裁判での争いがもつれた時に辿り着く最後の司法機関で、ここで下された最終判断が「下級裁判所」の判決に優先されるのが特徴です。

極めて強い権限を持つため、「憲法の番人」と呼ばれることも珍しくありません。

「下級裁判所」と「最高裁判所」の違い

「下級裁判所」「最高裁判所」の違いを、分かりやすく解説します。

まず「下級裁判所」はいずれも第一審となりえるのが特徴です。

簡易裁判所はもちろん、高等裁判所からスタートする裁判もあります。

これに対して「最高裁判所」が第一審になることはありません。

また、控訴も行われず、「最高裁判所」には上告あるいは特別抗告が行われます。

次に原則として、「下級裁判所」は事実審ですが、「最高裁判所」は法律審です。

事実審は事実認定と法律の問題の両方を扱います。

法律審は事実認定はせず、律判断のみを行うのが原則です。

他には、判例の拘束力があります。

基本的に「最高裁判所」の判決は、「下級裁判所」の判断を拘束するのです。

つまり、地方裁判所や高等裁判所では、「最高裁判所」の判例に反するような判断は原則としてできません。

ただ、「最高裁判所」は過去、自身が出した判決と異なる判決を出すこともできます。

設置されている建物の数も違っており、「下級裁判所」はそれぞれが複数あるのに対して、「最高裁判所」は東京にある一つだけです。

まとめ

「下級裁判所」「最高裁判所」はそれぞれに役割があり、利用の仕方が異なっています。

色々な規定がありますが、終審を行うのが「最高裁判所」と覚えておくと良いでしょう。

これに対して裁判の第一審は基本的に「下級裁判所」で行います。

なお、裁判制度は原則の他に例外規定が多いので、注意が欠かせません。

民事と刑事でも扱いがことなります。

この機会に裁判制度について調べておくと、万が一の時に役立つかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典