スポンサーリンク

「下賎な話」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「下賎な話」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「下賎な話」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「下賎な話」とは?意味

「下賎な話」「下賎」は、「げせん」と読みます。

また、その意味は「卑しいことや、身分の低いこと」 です。

「高貴」の反対語だと言った方が理解しやすいかも知れません。

従って、「下賎な話」とは「卑しい話や、身分の低い人の話」すなわち「低俗な話」と言った意味になります。

「下賎な話」の概要

「下賎」については、前項で記載しましたが、もう少し詳しく説明したいと思います。

まず熟語の成り立ちとして「下賎」「下」は一般的に使われている「あるものに対比して低いこと」を指し、「賎」「いやしい、身分が低い、まずしい」と言った漢字です。

すなわち「下賎」「賎」の字の意味に「低」を重ねて、「低い」と言う意味を強調した熟語と言えます。

「下賤」と言う言葉は、時代劇や小説などでは見聞きしますが、現在では日常会話等で使われる事は、ほとんどない言葉と言えます。

その理由としては、言葉の古めかしい印象以上に、差別的な言葉である点が挙げられるでしょう。

封建時代に生まれが卑しかったり、身分が低い人に対して、権力を有する身分の高い人が、見下して使う言葉で、それが差別的だとされる所以なのです。

もちろん、「下賎な話」の場合には、人に対して使っているのではなく、「話」「下賤」だとしているのですが、そもそも「下賤」が差別用語だとの認識があり、使われる事が少ないのでしょう。

この「下賎な話」とは、具体的にはどんな「話」を指すのでしょうか?一般的に、何かに限定されたものではありませんが、お金に執着するような話や、満足に食べられないことの反動としての食に対する意地汚い話や、下ネタ的な話を指す場合が多いと言えます。

「下賎な話」は差別的な用語が含まれているとして、余り使われませんが、似た言葉として「下世な話」はよく見聞きします。

この言葉は、もともとは「下卑様の話」が転じたものだとされており、「下卑」は昔の「身分の低い一般の人と言う意味や、下品で卑しいこと、意地汚いこと」を指す言葉です。

すなわち、「下賎な話」は現在しばしば使われる「下世話な話」とほぼ同じだと言えるでしょう。

「下賎な話」の言葉の使い方や使われ方

「下賎な話」の言葉は、『下賤な話と言われるけれど、我々一般人にとっては当たり前の話なんですが。』や『彼は下賤な話だとして、話の輪に入りませんが、彼は自分が高貴だとでも思っているのですかね。』

「下賎な話」の類語や言い換え

「下賎」の類義語としては、「卑賤」「下劣」「俗悪」「低俗」「下劣」「下世話」などが挙げられます。

従って「下賎な話」は、「卑賤な話」「下劣な話」「俗悪な話」「低俗な話」「下劣な話」「下世話な話」などと言い換える事が出来ます。

まとめ

「下賎な話」とは「卑しい話や、身分の低い人の話」すなわち「低俗な話」と言った意味です。

「下賎」が差別的用語だとして、現在は日常会話等で使われることは、余りありません。

現在、日常会話でしばしば使われている「下世話な話」とほぼ同じ意味だと言え、こちらを使う方が良いと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典