スポンサーリンク

「不倫する人」と「不倫しない人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不倫する人」と「不倫しない人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不倫する人」「不倫しない人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不倫する人」とは?

「不倫する人」の代表的なタイプとして、主に以下のものがあります。

仕事が忙しい人

仕事が忙しい人は、常に残業があり帰宅が遅いのが当たり前になっています。

パートナーもそのことを了承しているので、不倫して帰宅が遅くなってもバレにくいのです。

夜9時までなど、ある程度遅くまで残業してから不倫相手に会う様にすれば、「帰りに飲みに誘われた」などと言い訳も付きやすくなります。

向上心のない人

もしも会社に不倫がバレたら、今までの功績も無駄になってしまいます。

格下げになったり、左遷されたり、場合によっては解雇されることもあるでしょう。

その様な危険を冒してまで不倫するのは、仕事に対して向上心がなく、どうなっても別に大したことはないと開き直っている人が多くなります。

自分に自信のある人

自分は優秀である、モテるなど自信を持っている人は、既婚者になってからも自分の価値を確かめたくて仕方ありません。

結婚してしまえばパートナーからはそうそう毎日ほめてもらえなくなるので、自己顕示欲が満たされなくなってしまうのです。

その為に不倫して、常に自分に対する自信を維持しようとするのです。

「不倫しない人」とは?

「不倫しない人」の代表的なタイプとして、主に以下のものがあります。

仕事が定時に終わる人

毎日仕事が定時で終わる場合には、仕事帰りに出かける場所が限られてきます。

夜遅く帰ることが多いと、パートナーからも「定時に終わっているにどこへ行っているのか」と不審に思われてしまいます。

やりたいことがある人

仕事で目標があったり、自分で趣味を持っていたりする人は、不倫する時間そのものがもったいないと思います。

同じ時間を自己啓発や趣味の活動に使いたいと思うので、不倫しようと考える暇もありません。

ただし、パートナーから見れば何かに没頭して家族を顧みないことには変わりないので、不満を持つことも多くあります。

自分に自信がない人

今まで特に人からほめられたことがなく、モテた経験もない人は、異性からアプローチされても「思い過ごしだろう」と思ってしまいます。

異性とは深い関係になるよりも良好な関係をつづけた方が、自分にとって心地よいと感じるのです。

「不倫する人」と「不倫しない人」の違い!

「不倫する人」「不倫しない人」には、特に大きな違いはありません。

上記はあくまで「代表的なタイプ」であり、相手側のタイプやタイミングも要素に含まれます。

ただし、その人のタイプと環境の微妙な組み合わせで、「不倫しない人」「不倫する人」に変わることもあるのです。

まとめ

今回は「不倫する人」「不倫しない人」の違いをお伝えしました。

「不倫する人」「不倫しない人」は、それぞれのタイプとタイミングの組み合わせにより分かれると言って良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典