スポンサーリンク

「不労所得」と「権利収入」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不労所得」と「権利収入」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不労所得」「権利収入」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不労所得」とは?

「不労所得(ふろうしょとく)」とは、「会社・役所などに雇用されて労働をしなくても得ることができる所得」のことです。

「不労所得」「何の労働もしなくても簡単に手に入る所得」と解釈されやすいのですが、実際には「家賃収入のためには不動産の取得・管理・税金が必要、配当金のためには株の適切な選別が必要」であるように、「完全な不労所得」はほぼ存在しません。

そのため、「不労所得」というのは「雇われて働かされなくても得ることができる所得」に意味の重点があります。

「権利収入」とは?

「権利収入(けんりしゅうにゅう)」とは、「著作権・所有権・特許権など何らかの権利を持つことによって半自動的に得られる収入」を意味しています。

「権利収入」というのは「不動産所有権に基づく家賃・株所有権に基づく配当金・著作権に基づく印税・特許権に基づく使用料」などのように、「特定の権利保有によって生まれる収入」を意味しているのです。

ただし「権利収入」を得るためには「権利の獲得・維持・更新などが必要」であり、「完全な不労所得」とまではいえません。

「不労所得」と「権利収入」の違い!

「不労所得」「権利収入」の違いを、分かりやすく解説します。

「不労所得」「権利収入」はどちらも「企業・役所などに雇われていなくても得ることができる収入・所得」という意味では同じなのですが、「不労所得」「雇用されて労働しなくても入る所得」という意味に重点が置かれています。

「不労所得」に対して「権利収入」のほうは、「株や不動産の所有権・著作権・特許権など、何かの権利を持っていることによって半ば自動的に入ってくる収入」という意味に重点が置かれている違いがあります。

完全にすべての労働を排除した「不労所得」はないので、「不労所得」は理念の意味合いも強いのですが、「不労所得」を得るための具体的な権利(著作権など)と関連した収入が「権利収入」なのです。

まとめ

「不労所得」「権利収入」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「不労所得」とは「配当金・家賃収入などの雇用されて労働をしなくても得ることができる所得」を意味していて、「権利収入」「特許・著作権・家賃など何らかの権利を持っていることによって自動的に入ってくる収入」を意味している違いがあります。

「不労所得」「権利収入」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典