スポンサーリンク

「不動産鑑定」と「不動産査定」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不動産鑑定」と「不動産査定」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不動産鑑定」「不動産査定」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不動産鑑定」とは?

不動産鑑定士という国家資格を取得した人のみが行える、鑑定基準に基づいて鑑定する事を「不動産鑑定」と言います。

明確な基準に基づいて査定しているので、どこの鑑定士に依頼しても金額に大きな差が生まれることはほとんどありません。

「不動産鑑定」は時間もかかり、数十万円という金額が必要になります。

「不動産査定」とは?

不動産業者がサービスで行う事が多く、さまざまな条件でおおよその金額を算出し査定する事を「不動産査定」と言います。

「不動産査定」の場合は、売買する現場によって金額が変わる場合があります。

「不動産査定」は業者ごとに独自のルールで査定し、必ず無料で行われます。

高く売りたい場合には、複数の業者に査定を依頼し比較する事が必要です。

「不動産鑑定」と「不動産査定」の違い

不動産の金額を算出するという意味では同じですが、金額の調べ方や金額に対する意味が違います。

「不動産鑑定」は有料、「不動産査定」は無料という費用も違います。

まとめ

「不動産鑑定」「不動産査定」は似てる言葉なので、同じものだと思っている人が多いかもしれません。

しっかり違いを理解し、自分にはどちらが必要なのか判断できるようにしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典