スポンサーリンク

「不動産鑑定」と「簡易鑑定」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不動産鑑定」と「簡易鑑定」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不動産鑑定」「簡易鑑定」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不動産鑑定」とは?

法律で定められている評価基準に基づいて鑑定する事を「不動産鑑定」と言います。

不動産鑑定士という国家資格を取得した人のみが行える鑑定で、不動産を売却する時や正確な価格を知りたい人が行うものです。

「不動産鑑定」は不動産の広さや目的により変わりますが、数十万円程度の費用がかかり、鑑定が終了するまで日数もかかってしまいます。

「簡易鑑定」とは?

法律で定められた基準で行われる鑑定ではなく、安い費用で簡易的な内容で行われる鑑定の事を「簡易鑑定」と言います。

決められた定義がないので、鑑定を依頼する不動産業者によって内容が変わってきます。

内容や書式が簡易的になっているので裁判所や税務署などに提出するには不向きな鑑定です。

「不動産鑑定」と「簡易鑑定」の違い

「不動産鑑定」とは、不動産鑑定士が法律で定められている基準を基に行う鑑定の事を言い、「簡易鑑定」とは、業者ごとに内容が違い簡易的な内容で行われる鑑定の事を言います。

二つの鑑定の大きな違いは、鑑定する内容とかかる費用です。

まとめ

「不動産鑑定」「簡易鑑定」は不動産を鑑定する際に行われる事ですが、それぞれ内容や費用が違います。

しっかり内容や違いを理解し、どちらの鑑定をするべきなのか考える必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典