スポンサーリンク

「不安」と「悩み」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不安」と「悩み」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不安」「悩み」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不安」とは?

「不安」は、漠然としたつかみどころがない事情のことを指し、言ってしまえば予測できないことに対して恐怖に似た感情を持つことを「不安」と呼びます。

例えば、年齢とともに衰えていく認知機能に対する問題は「不安」となりますが、肉体の衰えについては、体を鍛え上げれば解決するのであれば「不安」となりません。

つまり、「不安」は、将来的に起こり得るかもしれないことへの恐怖の前段階であると言えます。

「不安」の使い方

「不安」は、恐怖に似た感情を持った際、どこにその原因があるかが分かった場合、「○○に不安を持つ」などと表現し使用します。

○○の部分は「将来への不安」のようにどうなるかは分からないが恐怖に似た感情を持ったことが分かった場合何について不安があるかを記載して使用します。

また、「不安」という言葉は口にすることでも周囲に対してどうなるかわからないことに対する恐怖やマイナスの感情を知らせることもできるのです。

「悩み」とは?

「悩み」は、いま現在進行中、もしくはこれから起こり得るマイナスの問題に対して頭を抱え、どうしようか悩んでいる状態です。

しかしながら、「悩み」には利点もあり、マイナスの要因があるということを気付いているからこそ悩めるのであって、かつ解決法を探すこともできるのが「悩み」です。

「悩み」の使い方

「悩み」は、マイナスの要因を受けていてそれらを解決する必要性があると認識している場合、「悩み」という言葉を用いて解決する必要性があることを周囲に知らしめるために使用します。

というのも、「悩み」には利点があり、実は「悩み」は解決手段があるため周囲に「悩み」を打ち明けることが解決することがあるのです。

「不安」と「悩み」の違い

「不安」「悩み」の違いは、解決できるかできないかという違いがあります。

「不安」は言い知れない恐怖やマイナスの感情が沸き上がることで、湧き上がること自体は防ぐことができないため、まだ起きていない事情に関してもだんだんと想像力が悪い影響を及ぼし、マイナスの感情を次から次に沸き上がり、この状況が不安であるため、解決できない問題であると言えます。

しかし、「悩み」は、湧き上がるものではなく、すでに起こっている物を解決することができれば「悩み」という存在は消え去りますので「悩み」は解決できるのです。

まとめ

「不安」「悩み」の違いは解決可能であるかです。

「悩み」は、湧き上がるものではなく、すでに起きていることに対して解決法を望むことですので、解決法があれば「悩み」は消滅します。

ですが、「不安」はそうはならず、何故なら「不安」はマイナスの感情が沸き上がることにあるため、想像力がプラスされます。

つまり想像力があればあるほどマイナスのことを考えれば「不安」は膨らみます。

その為、「悩み」「不安」をさらに分けるとすればマイナスの要素が膨れ上がるかどうかも両者が異なるという材料となるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典