スポンサーリンク

「不実をなじられる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不実をなじられる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不実をなじられる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不実をなじられる」とは?意味

不実という言葉は誠実さに欠けていること、いい加減なこと、または無実であることを指す言葉で、不実をなじられるという言葉では、誠実ではなかったことをなじられる、または無実のはずのことをなじられてしまうという意味になります。

いずれにせよ、不実をなじられてしまう側はいい気分ではないことは確かといえます。

世間で不実をなじられるというケースはスキャンダルの渦中にいる人が多く、なじられることに関しては確証があるかどうかもよくわからないことが多くなっています。

「不実をなじられる」の概要

なじられるは漢字では詰られると書きます。

有名人が事件を起こすと週刊誌などに必ず不実をなじられてしまうということで、言葉としてはスキャンダル、ゴシップなどの系統に近いものと言えるでしょう。

暴露して不実をなじられるなどという使い方もあります。

また、特に二人以上の人間関係がある問題では事実や発言の意図の行き違いが発生してしまうため、より不実をなじられるというケースになってしまいます。

言葉としてはややかためのものとなっており、若手芸能人の不実をなじられるなどと言った使い方はせず、政治家や一定の年齢を超えた有名人などに使う言葉と言えますが、あまり幅広くは使われていない言葉でもあります。

また、不実をなじっている側は自分が不実をなじっているとは一切思っていないケースも多いと考えられ、真実を明らかにしていくなどと考えているか自分の不利な状況を逆転しようと考えているため強硬な姿勢でもあり、不実をなじられる状況は減っていくとはいい難いと言えるでしょう。

なお、ひどく不実をなじられるという言葉は意味が全く通らないことはないですが、使われている言葉ではありません。

「不実をなじられる」の言葉の使い方や使われ方

「有名になると不実をなじられることも増えてしまう」「不倫の事件では双方が不実をなじられる事が多い」「不実をなじられることは精神がひどく疲れてしまう」などの使い方が挙げられますが、幅広く使える言葉とはいい難いでしょう。

「不実をなじられる」の類語や言いかえ

「暴露される」「有る事無い事言いふらされる」「真偽が定かではない告発をされる」「昔のことを掘り返される」「嘘を言い張られる」「真実ではないことを語られる」などが挙げられ、「スキャンダルにされる」「過去をリークされる」なども近しい意味の言葉と言えるかもしれません。

まとめ

不実をなじられるという言葉は過去をの不実を明らかにされるという意味合いがあり、不実はいい加減なことから無実ということまで幅広い意味合いがある言葉でもあります。

スキャンダルという言葉を日本語で表現するとこの言葉が近いと言え、あまりポジティブな用途で使える言葉ではないということは確かでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典