「不愉快に感じる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「不愉快に感じる」の意味

「不愉快に感じる」とは、ある物事、人、状態などが、面白くない、気に入らないという風に、自分の中に感情として起こることを言います。

「不愉快に感じる」の読み方

「不愉快に感じる」の読み方は、「ふゆかいにかんじる」になります。

「不愉快に感じる」の表現の使い方

「不愉快に感じる」を使った表現を紹介します。

「不愉快に感じる」とは、楽しくない、気に入らない、嫌であるといった感情が自分の中に起こる時に使う言葉です。

例えば誰かの言動を見て気にいらない、むかっとくるという感情が起こるのであればそれは「不愉快に感じる」という状態です。

また自分自身のことで、嫌だと思うことがあればそれも「不愉快に感じる」と表現することができるでしょう。

「このセーターを着ると首まわりがチクチクして不愉快に感じる」「靴下が濡れると不愉快に感じるので、それなら裸足の方がましだ」などと使います。

他には「あの人たちがうるさくて不愉快に感じる」「上司は、私がいると不愉快に感じるのでしょうから、飲み会には行きません」という風に表します。

「不愉快に感じる」を使った例文と意味を解釈

「不愉快に感じる」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「不愉快に感じる」を使った例文1

「なぜだかわからないが、一緒にいると不愉快に感じる相手というものがいる」

楽しくない、嫌だ、気に入らないと思うことを「不愉快に感じる」と言い表します。

これは考えるではなく、感じるという、自然と起こってくる感覚ですので例文のようになぜだかわからないということも多いのです。

「不愉快に感じる」を使った例文2

「そんなに、不愉快に感じるなら、聞いたり、見たりしなければいいでしょう」

「不愉快に感じる」とは、ある物事、人などを気に入らないと思うことを言います。

例文はそんなに嫌な気持ちになるならば、自分がその対象のことを聞いたり、見たりしなければいいと言っているのです。

「不愉快に感じる」の類語や類義語

「不愉快に感じる」の類語や類義語を紹介します。

「嫌悪感を持つ」【けんおかんをもつ】

「嫌悪感を持つ」とは、嫌いである、憎いといった感覚を持っていることを言います。

「あの人のやり方に嫌悪感を持つ者は沢山います」「一旦、嫌悪感を持つと、修復は難しいです」などと使います。

「癪に障る」【しゃくにさわる】

「癪に障る」とは、ある物事が気に入らないと、不快に思うことを言い表す言葉です。

「お母さんは私がやることは全部癪に障るのだろう」「嫁の言動は本当に癪に障る」などと使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典