スポンサーリンク

「不慮の事態」と「不測の事態」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不慮の事態」と「不測の事態」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不慮の事態」「不測の事態」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不慮の事態」とは?

「不慮の事態」の意味と使い方について紹介します。

「不慮の事態」の意味

「不慮の事態」「ふりょのじたい」と読みます。

意味は、「前もってはかり知れず、急激にしかも偶発的に起きる出来事のこと」です。

「不慮の事態」の使い方

「不慮の事態」は、前もって全く知られず、ある日突然に、訳もなくいきなり起きる出来事のことを言います。

その時までそんなことが起きるとは全く思わず、普段通りに生活している時に、災難に見舞われた時に使われます。

基本的に悪い意味に使われ、その出来事に関係した人に災いをもたらすことを表します。

「事態」「事のありさま、成り行き」という意味で、「不慮の事態」は人に不幸をもたらす事故や事件、障害など幅広い意味で使われます。

「不測の事態」とは?

「不測の事態」の意味と使い方について紹介します。

「不測の事態」の意味

「不測の事態」「ふそくのじたい」と読みます。

意味は、「事前に予測できない出来事のこと」です。

「不測の事態」の使い方

「不測の事態」は、事前に予想もしなかった、驚くべき突然の出来事のことを言います。

「不慮の事態」と同様、悪いことが起きた時に使われる言葉です。

ただし、「不測の事態」は、平穏な日常生活を送っている時にいきなり起きることもあれば、何らかの計画を信進行させている時に、「こうなるとは思わなかった」という事態が起きる時にも使われます。

ビジネスや経済では、リスク管理ができていない時にも使われることがあります。

「不慮の事態」と「不測の事態」の違い!

「不慮の事態」「前もってはかり知れず、急激にしかも偶発的に起きる出来事のこと」です。

「不測の事態」「事前に予測できない出来事のこと」です。

まとめ

今回は「不慮の事態」「不測の事態」の違いをお伝えしました。

「不慮の事態はいきなり偶発的に起きること」「不測の事態は予測できないこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典