スポンサーリンク

「不手際が生じる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不手際が生じる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不手際が生じる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不手際が生じる」とは?意味

「不手際が生じる」の読みは「ふてぎわがしょうじる」です。

この慣用句は、「出来栄えが良くなかったり、処理方法が適切でなかったと言ったことが起きる」ことを意味し、一般的には謝罪する場合等に使われる言葉です。

「不手際が生じる」の概要

「不手際が生じる」の意味は前項で記載した通りですが、この慣用句を言葉毎に分解して、少し詳しく説明したいと思います。

「不手際」「手際」に、それを否定する「不」を付けて構成された言葉です。

この「手際」には「ものごとに対する技量や腕前や習熟度」を指す意味と「ものごとの処理方法やプロセス」を指す意味があります。

そして「不」が付く事で「手際」が良くないと言う意味となります。

従って、「技量や腕前が良くない」ことで「出来栄えが良くない」結果や、「処理方法をミスしたり」すると言う意味になるのです。

また「生じる」は周知の通り「発生するや、起こる」と言った意味であり、慣用句全体の意味としては「出来栄えが良くなかったり、処理方法が適切でなかったと言ったことが起きる」となるのです。

この「不手際が生じる」は、ビジネス等の様々なシーンで、大きな失敗をした時に、謝罪する時に使われる慣用句です。

相手に大きな不都合を与えてしまった場合、その理由を事細かく説明しても、言い訳をしている様に取られるだけで、意味がありません。

とにかく『この度は当方の不手際で、多大なご迷惑をおかけして、誠に申し訳ありません。』と謝罪し、その後にそれをリカバリーするためにどの様に対処するのかを説明する流れで、この慣用句を使うのです。

この様に、「不手際が生じる」は謝罪する際に非常に便利な慣用句であり、正しい使い方を理解して、上手に使うことで、相手の怒りを抑える適切な謝罪文とする事が出来ます。

ビジネスマンなら、ぜひこの慣用句の上手な使い方をマスターされるのがお勧めです。

「不手際が生じる」の言葉の使い方や使われ方

「不手際が生じる」は、『今回は、当社内の伝達ミスにより不手際が生じてしまい、誠に申し訳ありません。』や『今後は、こうした不手際が生じないように万全の対策を講じます。』の様に使われます。

「不手際が生じる」の類語や言い換え

「不手際」の類語としては、「失態」「手違い」「手抜かり」が挙げられます。

従って、「不手際が生じる」の言い換えとしては、「失態を犯す」「手違いが起きる」「手抜かりが生じる」等が挙げられます。

まとめ

「不手際が生じる」とは、「出来栄えが良くなかったり、処理方法が適切でなかったと言ったことが起きる」ことを意味する慣用句です。

相手に大きな不都合を与えてしまった場合に、まず『不手際が生じたことで、多大なご迷惑をおかけし、大変申し訳ありません。』と謝罪し、その後にその不都合な事をどの様にリカバリーするかを説明する流れで、謝罪文でしばしば使われる言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典