スポンサーリンク

「不行跡」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「不行跡」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「不行跡」【ふぎょうせき】の意味や使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「不行跡」とは?

「不行跡」【ふぎょうせき】とは、行為が悪く、良いとは思えないさまを意味しています。

道徳の観点から見たとき、日常生活において健康的に暮らす人よりも不健康な生活する人や夜更かししたり、酒やタバコを好み、周囲に怒りをぶつけるなどする人のその行為を指します。

品行が悪く、品性もない者を「不行跡」と呼び、いかに素行も態度も悪いが表せますし、不良行為する人や不心得の人の行為が当てはまります。

「不行跡」の概要

どうしてそのような酷いことするのかと思うほど悪い行為したり、態度を見せる人を「不行跡」と言い表します。

とくに人には言えないような悪行したとき、悪いと分かっていながら欲を抑えきれずにやってしまう卑劣な行動する者の愚かさという意味があります。

自分の「不行跡」な行動により精神的に人を傷つけてしまったり、気分を害することする酷い行為はどう見ても許せるものではなく、困ったことになると思う人が注意して、その迷惑な行動や行為を見直させるときに使われています。

「不行跡」の言葉の使い方や使われ方

人から見て、いけない行動だ、態度だと思うことする人に対して「不行跡なことをする」と、苛立ちの気持ちをぶつけるときに使われています。

人として悪いことしたら反省するなり、行動を改めるべきと思うのに、自分勝手な行動や人を傷つける行為する者は許せないと思う人が「その不行跡は許せないぞ」と怒りをぶつけるわけです。

とくに、周囲のことを考えられない大人や、中学生や高校生など物の分別ができる年齢の人が悪い行動したり、行為を責めるときに使われています。

自分で悪いなと感じる行動を見せては人を理不尽に泣かせる人や、いつも親に迷惑かける人が「自分は不行跡だ」と反省するときに使う場合もあります。

「不行跡」を使った例文(使用例)

・『彼女の不行跡を知ってしまった俺は責めるよりも別れを選んだ』
・『過去の不行跡で父には2人の隠し子がいることを知り、私はショックで寝込んでしまった』
・『兄の不行跡を叱るのは簡単だ。しかし、本当に態度を改めさせるには人として改善する必要がある』
愛する人が隠れて浮気していたことを知ってしまった人は、二度とその者を愛せないと感じて分かれを選ぶ人もいますが、親の過去の恐ろしい行為はさすがに受け止められず、寝込んでしまう人もいます。

そんな「不行跡」する人を言葉で叱るのは簡単ですが、根本的に変えさせるためには根性を変えることが大事なのです。

まとめ

悪い行動ばかりする人を「不行跡」と言い、いかに酷いことしても反省すらせず、自分のことしか考えていない心の狭さが見える残念なさまを言い表せます。

浮気や窃盗、裏切りなど人を精神的に傷つけるようなことする酷い人を見かけたら「不行跡な人だ」と怒りをぶつけて、相手に築かせるのもいい方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典