「世界」と「世の中」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「世界」と「世の中」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「世界」「世の中」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「世界」とは?

「世界(せかい)」とは、「地球上に存在するすべての地域・国家」を意味している言葉です。

例えば、「世界の国々を旅しています」などの例文で使えます。

「世界」には「自分が認識している人間社会の全体」の意味もあり、「新しい世界へと進んでいきます」といった文章で使用されます。

また「学問の世界・プロスポーツの世界」というように、「世界」「特定の分野・領域」といった意味合いも持っています。

「世の中」とは?

「世の中(よのなか)」とは、「人々がお互いに関わり合いながら生活している場所」「人が他人や社会と相互に影響を与えながら生きている場所」を意味している言葉です。

例えば、「世の中の厳しさを知りました」「経済の悪化で世の中が騒がしくなってきました」といった例文で使用できます。

「世の中」には、「社会の人間関係・世間の人々の間」という意味合いもあります。

例えば、「世の中捨てたものではないと思えました」「世の中で生きていくためには建前や方便も必要です」などの文章で使えます。

「世界」と「世の中」の違い!

「世界」「世の中」の違いを、分かりやすく解説します。

「世界」「世の中」はどちらも「人間が生きている社会全体」の意味を持っていますが、「世界」のほうが「世の中」よりも「抽象的な社会・生活ではなく認識の対象となる社会」を意味している違いがあります。

「世界」という言葉には「地球上(世界地図)にあるすべての地域・国家」の意味がありますが、「世の中」にはそういった「客観的な世界全体」の意味はありません。

また「世界」の表現は「人々がお互いに関係しながら生活している場所・具体的な社会生活や人間関係」の意味がないのも、「世の中」との違いになっています。

まとめ

「世界」「世の中」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「世界」とは「地球上に存在するすべての地域・国家」「自分が認識している人間社会の全体」「特定の分野・領域」などを意味していて、「世の中」「人々がお互いに関わり合いながら生きている場所・人が他者や社会と関わって生活している場所」「社会の人間関係」を意味している違いがあります。

「世界」「世の中」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典