スポンサーリンク

「両手仲介」と「片手仲介」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「両手仲介」と「片手仲介」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動産を売却するときなどに耳にすることのある「両手仲介」「片手仲介」

この二つの言葉の違いを詳しく説明します。

スポンサーリンク

「両手仲介」とは?

「両手仲介」とは、不動産会社からみて、物件の売主と買主のそれぞれから手数料をもらう状況を指します。

一つの物件の売却に関わることで、二箇所から手数料を受領出来るので、不動産会社は「両手仲介」を目指すことが多くなります。

「両手仲介」になるときは、物件を売りたい人物が、不動産会社に仲介を頼んだ時に、ちょうどそのような物件を購入希望の顧客を抱えていた場合、その顧客に物件を紹介するパターンがあります。

確認作業がスムーズに進むため、早期に売却できます。

注意しなければならないことは、「両手仲介」を狙うために、物件の情報を囲い込んでしまう不動産会社があることです。

他の不動産会社に物件を紹介しないので、売却が遅くなってしまうことや、高く売るチャンスを逃してしまうことがあります。

「片手仲介」とは?

「片手仲介」とは、一つの物件に対して、売主だけ、又は買主だけと不動産会社が関わる状況を指します。

売主と買主にそれぞれ別の不動産会社が関わるので、仲介手数料は「両手仲介」に比べ、半分になります。

「片手仲介」になるパターンは、売主と買主に別の不動産会社が担当している場合があります。

もう一つのパターンは、大手が手掛けた物件等で、物件の魅力に自信があるため、売主が仲介業者には手数料を払わないという場合があります。

「両手仲介」と「片手仲介」の違い

物件の売買に関わる不動産会社が、売主と買主の両方から手数料を得られる「両手仲介」に対し、「片手仲介」はどちらか片方からしか仲介手数料を得られません。

不動産会社にとっては、「両手仲介」の方が、倍の手数料を得られることになります。

まとめ

うまくいった場合、取引がスムーズにすすむ「両手仲介」と、自分のためだけに動いてくれる「片手仲介」

それぞれにメリット、デメリットがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典