スポンサーリンク

「丹念を積む」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「丹念を積む」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「丹念を積む」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「丹念を積む」とは?意味

「丹念を積む」とは、「たんねんをつむ」と読みます。

「丹念」とは、細かい所まで細心の注意を払う、誠心誠意心を込めて丁寧に行うという意味を持っています。

「積む」とは、次々と物を重ねるという意味がありますが、この場合の「積む」はたくわえるやためる、物事を繰り返し行うと言った意味を持ちます。

そのため「丹念を積む」とは、誠心誠意心を込めて丁寧に繰り返し行うという意味となります。

「丹念を積む」の概要

「丹念を積む」とは、誠心誠意、心を込めて丁寧に繰り返し行うという意味を持っています。

これは「何を」誠心誠意、心を込めて繰り返し行うかは、様々なものについて表されます。

例えば、建物を建てる際に細かく丁寧に作業する事を「丹念を積む」作業だと言えるでしょう。

しかし「丹念を積む」には、非常に大きな努力や細かい作業が必要になる場合が多くなっているため、結果が伴ってくるまで時間がかかってしまいます。

途中で投げ出してしまうような気持ちになる事もあるでしょう。

それでも諦めず「丹念を積む」事によって、物事や作業をよりよい物を作り上げる事が出来、その結果を賞賛してくれる人や、努力を誉めてくれる人など、よい結果に向かう事になるため、「丹念を積む」事は何事にも必要と言えるでしょう。

「丹念を積む」の言葉の使い方や使われ方

「丹念を積む」という言葉は、様々な用途があります。

例えば伝統工芸品の美しい造形などは「丹念が積まれた」作品であると言えます。

初めて行う仕事を覚える際にも「丹念を積む」事で、仕事を少しずつ覚えていくのです。

「丹念を積む」は、誠心誠意、丁寧に、心を込めて、という事が前提となりますので、それらの気持ちがなければ「丹念を積む」という事にはなりません。

さらにそれらの気持ちを続け、積み重ねていかなければならず、とても大きな努力と地道な作業や努力が必要になってくるのです。

「丹念を積む」を使った例文(使用例)

・『彼の仕事はとても丹念が積まれており、尊敬に値する』
・『地道に丹念を積む事で、この経験が将来に生きるだろう』
・『お客様に喜んで頂くために、丹念を積みこの商品を仕上げた』

「丹念を積む」の類語や言い換え

「丹念を積む」の類語を紹介すると、細かい所まで気を配るという意味である「丁寧」、細かいところまで行きとどくという意味である「入念」、細かい部分まで気を配るという意味である「念入り」などがあります。

「念」という言葉が使われる傾向ありますが、この「念」という漢字は「気持ちや心配り」という意味があります。

まとめ

「丹念を積む」とは、誠心誠意、丁寧に、心を込めて、繰り返し行うという意味となります。

物事や作業、様々な行いについて、丁寧に心を込めて繰り返していく事で、良い方向に物事は進み、その努力は必ず結果を出す事でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典