スポンサーリンク

「主旨を伝える」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「主旨を伝える」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、主旨を伝えるの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

主旨を伝えるとは?意味

主旨を伝えるとは、考え方の中から一番重要な点を人に伝えることを意味しています。

最もその文章の中で重要な点を抜き出し、分かりやすく、簡潔に伝えるという意味合いもあります。

主旨を伝えるの概要

ビジネスシーンにおいて、主旨を伝えることは仕事を円滑に行う上でとても大切なことです。

まだ内容が伝わっていない社員に対して、いかに素早く、確実に重要な点を伝えられるか。

限られた時間内に多くの社員へ業務報告するには前もって文章全体を読み、何を伝えれば多くの社員に分かりやすく業務内容を把握させられるかを考えてピックアップしておきます。

会議の前にも書き手となる社員が話し手と話し合っておき、主旨となる点はどこか選んでおけば上司にも社長にも効率よく会議で伝えられますし、何を議論すればいいかが分かり、提案もしやすくなります。

実験の結果を発表するときは研究内容では何が一番伝えたい成果であったかを簡潔に伝えて、そこから話を広げていけば、より聞いている人も議論するべき点が分かり、討論がしやすくなります。

文章の要旨を自分なりまとめて、主旨となる文を捉える。

そのためには何度も文章を読み、主題となる点を抜き出すことが主旨の重要な点です。

主旨を伝えるの言葉の使い方や使われ方

重要な点を取り出して相手に伝えるという意味がある主旨を伝えるの使い方は、「話しの主旨を伝える」「文章の主旨を探す」「文章の主旨を捉える」と使います。

話の主旨を伝えるとは、話すときは何を一番先に伝えればその後の会話が捗り、お互いに必要な問題点を話し合えるかが分かります。

話の主旨を伝えるには前もって文章の中から主旨を探し、文章の要点を捉えましょう。

ビジネスシーンでの主旨を伝えるの使われ方では、長い説明を避けるためにも他の社員と最初に主旨を伝えておき、共有するときに使われています。

電話での使い方は「○○についてお電話いたしました」と先に伝えるべき主旨を伝えておいてから用件を話すときに使われています。

先に主旨を伝えておけば相手もすぐに本題に取り掛かれて、電話でもうまく用件について会話ができるわけです。

メールでは長々と文章を書くのではなく、パッと見てすぐに何を伝えているか理解できるよう意識して文章の主旨を組み立てて伝えるとき「メールでは主旨を簡潔にまとめて伝える」と使います。

主旨を伝えるを使った例文(使用例)

・会議では話の重要な部分を取り出して主旨を伝えましょう。

会議では話の主旨を取り出して伝えて話し合うことで、より効率よく議論できるようになります。

多くの社員の意見を聞くためにも、少しでも論議ができる時間を長くとれるよう進行役は主旨を伝えましょう。

・今日は時間がないので話の主旨だけを伝えます。

時間がないとき、より時間内に要点を伝えられるか話の主旨だけを相手に伝えるときに使う例文です。

・話の主旨を伝えます。

限られた予算内でいかに顧客が求める商品を作れるか議論しましょう。

限られた予算内でいかに顧客が求める商品を作れるかを会議するために、予算はどのくらいか、どのような性能と機能を選んで付ければいいか具体的にまとめて伝えることが大事です。

まとめ

全体的に読んでみて、相手に分かりやすく文章の要点となる部分を選んで主旨を伝えることは大切なことです。

うまく相手に要点を伝えるには、全体的に内容が分からない人にどこをどう簡潔に伝わればいいかその人の身になって選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典