「乾燥おから」と「おからパウダー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「乾燥おから」と「おからパウダー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「乾燥おから」「おからパウダー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「乾燥おから」とは?

「乾燥おから(かんそうおから)」とは、「大豆汁を漉して(こして)豆乳を搾った後にできる生のおからを乾燥させた食品」のことです。

「乾燥おから」の見た目・粒子感は、「パン粉よりも細かいがある程度の粒の大きさがある」といった感じになります。

「乾燥おから」は、「水で戻してからおからにして使う・卯の花のおから料理にして食べる」という使い方になります。

「おからパウダー」とは?

「おからパウダー」とは、「乾燥おからから大豆の皮部分を取り除いて、さらに細かく粉砕した食品」「テレビ番組などでダイエットに効果があると紹介されて人気が出たおからの加工食品」のことです。

「おからパウダー」の見た目・粒子感は、「小麦粉のように細かくてサラサラしている・粒が均一で非常に細かい」という感じになります。

「おからパウダー」は、「そのまま食べ物や飲み物に振りかける・小麦粉の代わりにパンづくりや揚げ物などに使用する」といった使い方になります。

「乾燥おから」と「おからパウダー」の違い!

「乾燥おから」「おからパウダー」の違いを、分かりやすく解説します。

「乾燥おから」「おからパウダー」はどちらも「大豆からつくられたおからを原材料にしている健康に良い食品」ということでは共通していますが、「乾燥おから」とは「生のおからを乾燥させたもの」を意味していて、「おからパウダー」のほうは「乾燥おからから大豆の皮を除去してさらに細かく砕いたもの」を意味している違いがあります。

「乾燥おから」の使い方は「水で戻してからおからとして使う・卯の花のおから料理にする」という使い方になりますが、「おからパウダー」のほうは「そのままいろいろな料理に振りかける・コーヒーや紅茶などの飲み物に入れる」といった使い方になる違いを指摘できます。

まとめ

「乾燥おから」「おからパウダー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「乾燥おから」とは「大豆汁を漉して豆乳を搾った後にできる生のおからを乾燥させたもの」を意味していて、「おからパウダー」「乾燥させたおからから大豆の皮を取り除いた上で細かく砕いたもの」を意味している違いがあります。

「乾燥おから」「おからパウダー」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典