スポンサーリンク

「予め」と「事前に」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「予め」と「事前に」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「予め」「事前に」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの違いや使い方を把握して、ご自身に役立ててみてください。

スポンサーリンク

「予め」とは?

最初に「予め」の意味をご説明致します。

「予め」の意味とは、生じるでろう物事の前に、きちんと準備しておくことを意味しております。

また、前もってという意味合いでも使われることもありますので、是非とも把握して上手に使ってください。

「事前に」とは?

次は「事前に」という意味について解説していきます。

「事前に」という意味としては、上記の「予め」にという意味合いも含まれております。

しかしながら、他の意味としては「前もって」という意味や「まだ物事が起きていない時点で」という意味でも用いられますので、是非とも把握して覚えておいてください。

参考になれば幸いです。

「予め」と「事前に」の違い

ここでは「予め」「事前に」の違いについて解説していきます。

「予め」「事前に」の違いについては、上で解説した意味を当てはめていくといとも簡単に違いが分かるでしょう。

「予め」というのは、物事が開始される前に準備しておく意味合いが強いのです。

また、「事前に」というのは、「前もって」という意味と「まだ物事が起きていない時点で~」という意味合いがあるのです。

以上が「予め」「事前に」の違いとなります。

「予め」と「事前に」の使い方の違い

次は「予め」「事前に」の使い方の違いを解説します。

前者の場合は、「予め準備していた散弾銃で~」という使い方が分かりやすいことでしょう。

また後者の方は、「事前に打ち合わせをしていたので~」という使い方がイメージしやすいはずです。

「予め」を使った例文

・『予め作っておいたものにこれを入れればOKです』
・『予め調査しておいたので大丈夫です』
・『住宅について予め調べておいたので取引がスムーズだった』
・『予めストックしておいたものに付け足した』
・『発作が起きる前に、予め用意していた薬を飲むことで発作が防げるのだ』

「事前に」を使った例文

・『事前に打ち合わせをした通りの手はずで進行している』
・『事前に準備をできない人は何をやってもダメだ』
・『事前に調べておくことで非常に後からになって楽ができる』
・『上司が事前にミーティングしてくれと言っていた』
・『事前に代金を準備しておいた』

「まとめ」

まとめとしては、「予め」というのは、物事が起きる前に準備する意味が強いのです。

また、「事前に」というのは「予め」の意味もありますが、基本的に物事が起きる前表現をしたり、前もってという時に使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典