「事後報告」と「事前報告」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「事後報告」と「事前報告」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「事後報告」「事前報告」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「事後報告」とは?

「事後報告」とは、物事が終わった後で、関係者や世間に対して知らせることを言います。

先に知らせると混乱を招く、何が何でも実行したい、反対されるのがわかっているので強行するという時に使われる手段でもあります。

またスピード勝負の物事、仕事の場合は「事後報告でも構わない」と言われることもあるでしょうか。

「事後報告になったことをまずはお詫びします」「あなたはいつも事後報告で、私に相談もせず勝手にしてしまう」「この件はあなたに任せた仕事だから、事後報告で構いません」などと、使います。

「事前報告」とは?

「事前報告」とは、何か物事が行われる前、起こる前に関係者などにお知らせをしておくことです。

「事前報告」することで、驚きや混乱を避ける、相手の顔を立てるといったことが可能です。

ですが、サプライズ的な喜び、衝撃を与えるといった効果は薄れます。

「二人の結婚は、あらかじめマスコミに事前報告があったのでわかっていた」「相手側から事前報告もなく、こちらとしては混乱しています」「来週に正式発表だが、お世話になった人には今週中に事前報告しておいた方がいいだろう」などと、使います。

「事後報告」と「事前報告」の違い!

「事後報告」「事前報告」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも関係者、世間などに告げて知らせるという意味は共通しています。

違いは、物事が起こる前か、起こった後かというタイミングです。

「事後報告」とは、物事がすでに終わった後、起こった後に「実は〇〇でした」という風に知らせることです。

物事の内容によっては相手が悪感情、不信感を持つ場合もあります。

反対される要素が強い場合「事後報告」で強行することが多くなります。

一方「事前報告」とは、何かが起こる前、実行前に、前もって関係者、世間などに伝えておくことです。

後々の人間関係、評価などを考えますと「事前報告」の方が印象は良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「事後報告」「事前報告」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

時と場合によって「事後報告」の方がベストということもあります。

必ずしも「事前報告」が良く「事後報告」が悪いという意味ではありませんので、しっかりと意味を理解して使い分けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典