スポンサーリンク

「些か失礼」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「些か失礼」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「些か失礼」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「些か失礼」とは?意味

「些か」の読みは「いささか」で、その意味は少しだけ、ちょっと、わずかにの意味です。

従って、「些か失礼」とは、少し礼を欠いている、少し失礼だと言う意味になります。

「いささか」の漢字表記としては、「聊か」が使われる事もありますが、いずれの漢字も難しいので、実際に書く場合には、ひらがな表記の方が良いかも知れません。

「些か失礼」の概要

「些か失礼」という言葉は、少しかたぐるしい表現で、ビジネスシーン等のあらたまった場面で使われる事の多い言葉です。

「少し失礼」「ちょっと失礼」では表現が少しカジュアルと言え、それが似つかわしくないシーンで「些か失礼」の表現を使います。

また「些か失礼」の意味は、基本的には「少し失礼」ですが、ビジネスシーン等で使用する場合には、「些か」を少しではなく、「かなり、相当」と言う意味で使われる事もあります。

言葉通りの意味ではなく、「些か失礼」「かなり失礼」の意味で使う場合には、「かなり、相当失礼」だと思っていても、それをダイレクトに表現する事が適切でない場合に、怒りを心の中に抑え込み、皮肉も込めて使っていると言えます。

ビジネスの世界では、表面上の言葉ではなく、色々と皮肉を込めた言葉の使い方が、しばしば用いられ、この例もその一つです。

その言葉を話したり、手紙やメールで書かれている場合には、相手の表情や、その人との関係性や、前後の文脈などから、その表現の真の意味を読み解く事も大切と言えます。

「些か失礼」の言葉の使い方や使われ方

「些か失礼」は、『彼の物言いは、お得意様に対しては、些か失礼だ。』や『彼女はあの言葉遣いが、上司に対して些かも失礼だとは思っていないようだ。』のように使われます。

また、先に記載した様に、「相当失礼」だと思っているのを押し殺して使う例としては、『いくらお客様でも、些か失礼な振る舞いですね。』の様に使われます。

「些か失礼」の類語や言いかえ

「些か失礼」の類語や言い換えとしては、これまで意味の説明等で記したように、「少し失礼」「少しばかり失礼」「ちょっと失礼」「わずかに失礼」となります。

まとめ

「些か失礼」の読みは「いささか失礼」で、日常会話等では余り使われる事のない表現で、少しかたぐるしい表現と言えます。

その意味は少し礼を欠いている、少し失礼だと言うことです。

「いささか」「聊か」の漢字表記が使われる事もありますが、いずれの漢字も難しいので、実際に書く場合には、ひらがな表記の方が良いかも知れません。

またビジネスシーン等では、一般的な「少し失礼」という意味ではなく、「かなり失礼」「相当失礼」の想いを押し殺し、また皮肉を込めて「些か失礼」との表現を使う事もあるので、相手の表情や、人間関係や、前後の文脈からそうした意図が込められた表現ではないかを読み解く事も大切と言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典