「交流を図る」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「交流を図る」

「交流を図る」とは、「こうりゅうをはかる」という読み方になり、「関わり持つ」という意味を持つ言葉です。

「交流を図る」の意味とは

「交流を図る」という言葉は、身近な場面で使われている言葉ですが、「ある関わりを持とうと取り計らうこと」を指している言葉です。

異なる文化の国同士が関係を作ったり、会社や組織の間で仕事上でのやり取りをしたりするような時に使われています。

「交流を図る」の言葉の使い方

「交流を図る」という言葉は、よくスポーツや古典芸能などの分野で、お互いの国のことを紹介したり、人的な交流をする時に使われることがあります。

「交流を図る」を使った例文

では、ここで「交流を図る」を使った例文を見ていくことにしましょう。

「交流を図る」の例文1

「この文化施設は、国際的な交流を図ることが目的として建てられたものです」

このように国際的なレベルで多くの国々との関わりを持とうとする時に、大きな施設を建設して交流の拠点にすることがあります。

「交流を図る」の例文2

「毎年、我がサッカー部が山中高校と定期戦を続けることで、交流を図っています」

このような交流を図る活動は色々な学校間で行われています。

スポーツ交流もその一環で、サッカーや野球の他にも色々な分野で交流することで、お互いの力を高めていくことができますね。

スポーツの世界で「交流を図る」ことは、お互いの技量を高めていくだけでなく、スポーツを通して、人格形成など精神的にも大きく寄与することになるでしょう。

スポーツマンシップに乗っ取った精神が養われることになり、社会人になった頃、見違えるように立派に成長しているはずです。

それだけにスポーツで交流を図ることは、とても尊いことです。

「交流を図る」の例文3

「姉妹校間の交流を図ることは、社会に出てから全く異なる分野へ働きかける力を育てていく教育につながる」

姉妹校との交流を図ることは、単なる学校との関係を強めるだけでなく、自分達が社会に出た時に、全く異なる組織や企業、国との新たな係わりを作っていく時に、どのようなことが必要なのかを学ぶことができ、貴重な体験となるはずです。

社会に出ていくと、様々な経験することになりますが、このように企業や組織をまたがる交流を図る場面が段々と増えていくことでしょう。

そのためには、どのようなことをポイントにして、交流していくかを学生の間に経験しておくことで、後々の交流活動に大いに役立つことになるでしょう。

「交流を図る」の英語と解釈

「交流を図る」という言葉を英語に訳すと、“boost exchanges”“deepen exchanges”という訳で表現することができます。

「交流を図る」の類語や類義表現

「交流を図る」という言葉は、他にどのような類義語があるでしょうか?

「コミュニケーションを取る」

「コミュニケーションを取る」という表現がありますが、「互いに思いや考えなどを伝え合うこと」という意味で「交流を図る」に近い類義語として、使うことができるでしょう。

ただ「交流を図る」よりは、より身近な場面でも使われる言葉なので、「自分の思いや考えを伝えて理解を求める」というように、日常的な生活やビジネスシーンでも活用される言葉です。

何れにしても、「コミュニケーションを取る」ということは、とても大切なことであることは、言うまでもありません。

「意思の疎通を図る」

「意思の疏通を図る」という表現も「交流を図る」のいう意味で使われる言葉ですが、「疎通」とは、「意見などが途中で妨げられずよく通ずること」という意味合いがあるので、どとらかというと、この表現も「コミュニケーションを取る」と同じように日常的な場面で使われることが多い言葉の1つです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典