「人世」と「人生」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「人世」と「人生」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「人世」「人生」の違いを分かりやすく説明していきます。

「人世」とは?

「人世」とは、「じんせい」と読みます。

意味は世の中、浮き世、世間となります。

ちなみに「浮き世」とは、つらくはかない世の中、変わりやすい世間、今の世の中といった意味です。

「人生」とは?

「人生」とは、「じんせい」と読みます。

「人生」は人がこの世に生きている期間となり、一人の人間の「一生」という意味と、人がこの世を生きていることといった二通りの意味があると覚えておきましょう。

「人生」を使った言葉をいくつか見てみましょう。

「人生観」とは人間の生き方、生きることの意味、目的、態度などについての「考え」という意味です。

何か特別な経験などをしますと「人生観が変わった」などと言います。

「人生行路」とは、多くの起伏がある人生を「旅」に例えた言い方で、簡単に言えば「世渡り」という意味合いです。

「人世」と「人生」の違い!

「人世」「人生」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも読み方が「じんせい」と同じですが、言葉の意味がまったく違いますので、間違えた漢字を当てないように気をつけてください。

「人世」とは、この世の中、世間といった意味になります。

「この人世に生きて、まさかこんな経験をするとは思わなかった」などと使います。

一方で「人生」とは人間の生活、人間の一生といった意味になります。

どちらかと言えば一般的な会話などにおいて、「人生」の方がよく使われる言葉ではないでしょうか。

「祖父の人生は苦労が多かったと聞く」などと言いますと、その人の一生涯といった意味合いになります。

「僕は人生のことをしっかり考えていくつもりだ」などと言えば、その人の生活、生き方といった意味合いとなります。

「人生」の場合はどちらの意味合いなのか、前後にある言葉から判断するようにしてください。

まとめますと「人世とは世の中、世間」「人生とは一生、生き方、生活」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「人世」「人生」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

読み方は同じですが、意味は違いますのでそれぞれの意味を正しく理解して混同しないようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典